聖書セミナー
オンライン聖書―回復訳─マタイによる福音書オンライン聖書―回復訳─マタイによる福音書

アウトライン


マタイによる福音書 第 二十 章

<前の章 次の章>
20:11なぜなら、天の王国は、3朝早く出て行って、自分の5ぶどう園のために、4労働者を雇った2一家の主人のようなものだからである。
20:2彼は労働者たちと一日一2デナリの1約束をして、彼らを自分のぶどう園に遣わした。
20:3彼は1午前九時ごろ出かけると、別の人たちが2何もしないで3市場に立っているのを見たので、
20:4『あなたがたもぶどう園に行きなさい.正当なものを与えよう』と言った。すると彼らは行った。
20:5彼は再び1正午と2午後三時ごろに出て行って、同じようにした。
20:61午後五時ごろに出て行くと、別の人たちが立っているのを見たので、彼らに言った、『なぜあなたがたは、何もしないで一日中ここに立っているのか?』
20:7彼らは彼に言った、『1だれもわたしたちを雇ってくれなかったからです』。彼は彼らに言った、『あなたがた2もぶどう園に行きなさい』。
20:81夕方になって、ぶどう園の主人は管理人に言った、『労働者たちを呼んで、2最後の者から始めて最初の者まで、賃金を払ってやりなさい』。
20:9そこで、午後五時ごろに雇われた者たちが来て、それぞれ一デナリを受け取った。
20:101最初の者たちが来て、もっと多くもらえるだろうと思った。ところが、彼らもそれぞれ一デナリを受け取った。
20:11彼らはそれを受け取ると、家の主人につぶやいて
20:121言った、『この最後の者たちは一時間働いただけなのに、あなたは、2この日の労苦と焦げつく暑さに耐えたわたしたちと同じようにされました』。
20:13しかし彼は、1彼らの一人に答えて言った、『2友よ、わたしはあなたに対して何も不義を行なってはいない。あなたはわたしと一デナリの3約束をしたのではなかったか?
20:141あなたのものを受け取って行きなさい。わたしは1この最後の者にも、あなたと同じだけ与えたいのだ。
20:15自分のものを自分が1したいようにするのは、不法であるのか? それともわたしが1善であるので、あなたの目は2邪悪なのか?』
20:16このように、1後の者は先になり、先の者は後になるのである」。

3

エルサレムへの途上で――20:17―21:11

a

十字架と復活についての三度目の啓示――20:17-19
20:17さて、イエスはエルサレムへ上って行こうとした時、十二弟子をひそかにわきへ連れて行き、その途上で彼らに言われた、
20:18「見よ、わたしたちはエルサレムへ上って行く.そして人の子は、祭司長たちや聖書学者たちに渡される。彼らは1死罪に定め、
20:19を異邦人に引き渡して、あざけり、むち打って、十字架につける.そして三日目に、は復活させられる」。

b

王国の御座と十字架の苦杯――20:20-28
20:20その時、ゼベダイの1子たちの母が、子たちと一緒にイエスの所に来てひれ伏し、何事かをお願いした。
20:21イエスは彼女に言われた、「あなたは何を願うのか?」。彼女は彼に言った、「わたしの二人の息子があなたの王国で、一人はあなたの右に、一人はあなたの左に座るように、おっしゃってください」。
20:22イエスは答えて言われた、「あなたがたは、自分が何を求めているのか、わかっていない。1わたしが飲もうとしているその杯を、飲むことができるか?」。彼らはに、「できます」と言った。
20:23イエスは彼らに言われた、「確かにあなたがたは、わたしの杯を飲むことになる.しかし、わたしの右と左に座ることは、1わたしが与えることではない.それは、わたしによって備えられた人たちのためにあるのだ」。
20:24十人の者がこれを聞くと、この二人の兄弟のことで憤慨した。
20:25そこで、イエスは彼らを呼び寄せて言われた、「あなたがたが知っているように、異邦人の支配者たちは人々の上に君臨し、偉い者たちは人々の上に権威を振るっている。
20:26あなたがたの間では、そうであってはいけない.だれでも、あなたがたの間で偉くなりたい者は、あなたがたの1しもべとなり、
20:27あなたがたの間で第一になりたい者は、あなたがたの1奴隷となりなさい.
20:28それは、1人の子が来たのも、仕えられるためではなく、仕えるためであり、多くの人の贖いの代価として、自分2命を与えるためであるのと、同じである」。

c

二人の盲人をいやす――20:29-34
20:29一行がエリコから出て行こうとした時、大群衆がに従って来た。
20:30すると見よ、二人の盲人が道ばたに座っていたが、イエスが通っておられると聞き、叫んで言った、「よ、1ダビデのよ、わたしたちをあわれんでください!」
20:31群衆は二人をしかって黙らせようとしたが、彼らはますます叫んで言った、「よ、ダビデのよ、わたしたちをあわれんでください!」
20:32イエスは立ち止まって、彼らを呼んで言われた、「わたしに何をしてもらいたいのか?」
20:33彼らはイエスに言った、「よ、わたしたちの目が開かれることです」。
20:34イエスは深くあわれんで、彼らの目に触られた.すると、彼らはたちまち見えるようになって、イエスに従って行った。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-マタイによる福音書