オンライン聖書―回復訳─マタイによる福音書オンライン聖書―回復訳─マタイによる福音書

アウトライン


マタイによる福音書 第 二十二 章

<前の章 次の章>

(c)

王国の婚宴――22:1-14
22:1イエスは答えて、再びたとえで彼らに語って言われた、
22:21天の王国は、自分の2息子のために3婚宴を用意した2王のようなものである。
22:3彼は自分の1奴隷たちを遣わして、その婚宴に招かれていた人たちを呼んだが、彼らは来ようとしなかった。
22:4彼は再び、1他の奴隷たちを遣わして言った、『招かれていた人たちに言いなさい.ご覧なさい、わたしの2ごちそうを用意しました.わたしの3牛も3肥えた家畜もほふられて、すべて用意ができています。婚宴においでください』。
22:5ところが、彼らはそれを無視して、一人は自分の畑に、他の者は自分の商売に行ってしまい、
22:6そして、残りの者は、彼の奴隷たちを捕まえ、侮辱を加えて殺してしまった。
22:7そこで王は怒って、彼の1軍隊を遣わし、その人殺しどもを滅ぼして、その町を焼き払った。
22:8そして彼は自分の奴隷たちに言った、『婚宴は用意されているが、招かれていた人たちは、1ふさわしくなかった。
22:9だから1交差路に行って、見つけた人をみな婚宴に招きなさい』。
22:10奴隷たちは道々に出て行って、悪人も善人も、見つけた人たちをみな集めたので、婚宴は、食卓に着いた人たちでいっぱいになった。
22:11しかし、王が入ってきて、食卓に着いている人たちを見ると、そこに1婚宴の服を着ていない人を見たので、
22:12彼に言った、『友よ、なぜあなたは、婚宴の服を着ないで、ここに入って来たのですか?』。彼は返事ができなかった。
22:13そこで、王は1しもべたちに言った、『彼の足と手を縛って、2外の暗やみに放り出しなさい。そこでは、3泣き叫んだり歯がみしたりするであろう』。
22:141招かれる者は多いが、1選ばれる者は少ないからである」。

(2)

パリサイ人の弟子たちとヘロデ党の者たちによって――カイザルに税を納めることに関して――22:15-22
22:15その時1パリサイ人は行って、どのようにしてイエスを言のわなにかけようかと相談した。
22:16そして自分の弟子たちを、1ヘロデ党の者たちと共に、イエスの所に遣わして言った、「先生、わたしたちはあなたが真実であり、真理に基づいての道を教え、2だれをも恐れないであることを知っています.あなたは、3人の顔を見られないからです。
22:17そこで、わたしたちに言ってください.あなたはどう思われますか? 1カイザルに税を納めてもよいでしょうか、いけないでしょうか?」
22:18しかし、イエスは彼らの悪巧みを見抜いて言われた、「1偽善者よ、なぜわたしを試みるのか?
22:191税に納める貨幣をわたしに見せなさい」。彼らは一2デナリをに持って来た。
22:20そこでイエスは彼らに言われた、「この肖像と銘はだれのものか?」
22:21彼らは、「カイザルのです」と言った。するとイエスは彼らに言われた、「それでは、1カイザルのものはカイザルに、2のものはに返しなさい」。
22:22彼らはそれを聞いて驚いた。そしてを残して立ち去った。

(3)

サドカイ人によって――復活に関して――22:23-33
22:23その日、復活はないと言っている1サドカイ人が、イエスの所に来て、質問して
22:24言った、「先生、モーセは、『人が死んで、子供がない場合、彼の最も近い親族の弟がその妻をめとって、兄のために子孫を興さなければならない』と言っています。
22:25ところで、わたしたちに七人の兄弟がいました。長男が妻をめとり、そして死にました.彼には子がなく、妻を彼の弟に残しました.
22:26次男も三男も、ついに七男までも同じようになりました。
22:27そして最後に、その女も死にました。
22:28それでは、復活の時、彼女はその七人のうちのだれの妻になるのでしょうか? 彼らはみな彼女をめとったのですが」。
22:29イエスは彼らに答えて言われた、「あなたがたは1聖書もの力も知らないので、間違っている。
22:30復活の時には、彼らはめとったり嫁いだりしないで、天にいる御使いたちのようになる。
22:31死人の復活については、があなたがたに語られたことを読んだことがないのか? それはこう言っている、
22:32わたしはアブラハムの、イサクの、ヤコブのである』。は死んだ者のではなく、1生きている者のである」。
22:33群衆はこれを聞いて、の教えに驚嘆した。

(4)

律法学者によって――律法での最大の戒めに関して――22:34-40
22:34パリサイ人は、イエスがサドカイ人の口をふさがれたと聞いて、共に集まった。
22:35そして彼らのうちの一人、1律法学者が、イエスを試みて質問した、
22:36先生、律法の中でどれが大切な戒めですか?」
22:37イエスは彼に言われた、「『1心を尽くし、1魂を尽くし、1思いを尽くして、あなたのであるを愛しなさい』。
22:38これが大切な第一の戒めである。
22:39第二もそれと同じである.『自分自身のように、あなたの隣人を愛しなさい』。
22:40これら1二つの戒めに、すべての律法と預言者がかかっている」。

(5)

テストするすべての者の口をふさぐ――キリストに関する質問によって――22:41-46
22:41さて、パリサイ人が共に集まっていた時、イエスは彼らに質問して、
22:42言われた、「あなたがたは1キリストについてどう思うか? はだれの子なのか?」。彼らはイエスに、「ダビデの子です」と言った。
22:43イエスは彼らに言われた、「それではどうして、ダビデが1霊の中でと呼んで、こう言っているのか?
22:44はわたしのに言われた、わたしあなたの敵をあなたの足の下に置くまで、わたしの右に座していなさい』。
22:45ダビデが1と呼んでいるなら、どうしてはダビデの1子であるだろうか?」
22:461だれ一人、イエスに一言も答えることができなかった.その日からは、だれもにあえて質問する者はいなかった。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-マタイによる福音書