聖書セミナー2021年10月16日(土)開催
オンライン聖書―回復訳─マルコによる福音書オンライン聖書―回復訳─マルコによる福音書

アウトライン


マルコによる福音書 第 十二 章

<前の章 次の章>
12:11それからイエスは彼らにたとえで語り始められた、「ある人がぶどう園を造り、垣根を巡らして、酒ぶねを掘り、やぐらを建てた.彼はそれを農夫たちに貸して、よその国へ出かけた。
12:2そして時季が来たので、彼はぶどう園の収穫を農夫たちから受け取るために、一人の奴隷を農夫たちに遣わした。
12:3すると、彼らは彼を捕まえて、打ちたたき、何も持たせずに帰した。
12:4そこで主人はまた、他の奴隷を遣わしたが、彼らは頭を殴り、侮辱した。
12:5彼はまたもう一人を遣わしたが、彼らはその者を殺した.そして多くの者を同じように、ある者を打ちたたき、ある者を殺した。
12:6彼にはまだ一人、愛する息子がいた.彼は最後に息子を遣わして、『わたしの息子なら敬うだろう』と言った。
12:7しかし、農夫たちは互いに言った、『これは跡取りだ.さあ、彼を殺そう.そうすれば、その嗣業はわれわれのものになる!』
12:8そこで彼らは彼を捕まえて殺し、ぶどう園の外に投げ捨てた。
12:9さて、ぶどう園の主人はどうするであろうか? 彼はやって来て、農夫たちを殺し、そのぶどう園を1ほかの人たちに与えるであろう。
12:10あなたがたはこの聖書を読んだことがないのか? 『家を建てる者たちの捨てた石、これが1隅のかしらになった。
12:11これはから出たことであって、わたしたちの目には驚くべきことである』」。
12:12彼らは、イエスが自分たちを指して、このたとえを話されたことがわかったので、を捕まえようと思ったが、群衆を恐れた。それで、を残して立ち去った。

2

パリサイ人とヘロデ党の者たちによって――12:13-17
12:131さて人々は、何人かの2パリサイ人とヘロデ党の者をイエスの所に遣わして、の言じりを捕らえようとした。
12:14彼らはやって来て、イエスに言った、「先生、わたしたちはあなたが真実であり、1だれをも恐れないであることを知っています.あなたは人の顔をうかがわないで、真実にの道を教えておられるからです。カイザルに税を納めてもよいでしょうか、いけないでしょうか? わたしたちは納めるべきでしょうか、納めてはならないのでしょうか?」
12:15しかし、イエスは彼らの偽善を見抜いて言われた、「なぜわたしを試みるのか?デナリをわたしに持って来て見せなさい」。
12:16彼らは持って来た。そこでイエスは彼らに言われた、「この肖像と銘はだれのものか?」。彼らは、「カイザルのです」と言った。
12:17するとイエスは彼らに言われた、「カイザルのものはカイザルに、のものはに返しなさい」。彼らはイエスに驚嘆した。

3

サドカイ人によって――12:18-27
12:181それから、復活はないと言っているサドカイ人の何人かが、イエスの所に来て、質問して言った、
12:19先生、モーセはわたしたちに、『ある人の兄が死んで妻が残り、子供がない場合、彼の弟がその妻をめとって、兄のために子孫を興さなければならない』と書いています。
12:20ここに七人の兄弟がいました。長男は妻をめとりましたが、子を残さず死にました.
12:21そこで次男が彼女をめとりましたが、子を残さず死にました.三男も同じでした.
12:22こうして、七人とも子を残しませんでした。そして最後に、その女も死にました。
12:23復活の時、彼らが復活した場合、彼女はだれの妻になるのでしょうか? 七人とも彼女を妻にしたのですが」。
12:24イエスは彼らに言われた、「あなたがたが間違っているのは、聖書もの力も知らないからではないか?
12:25人が死人の中から復活する時には、めとったり嫁いだりしない.彼らは、天にいる御使いたちのようなものである。
12:26死人が復活させられることについては、モーセの書のいばらの箇所でがどのように彼に語られたか、読んだことがないのか? それはこう言っている、『わたしはアブラハムの、イサクの、ヤコブのである』。
12:27は死んだ者のではなく、生きている者のである。あなたがたはひどい間違いをしている」。

4

聖書学者によって――12:28-34
12:281一人の2聖書学者が近づいて来て、彼らが3議論しているのを聞いていた.そしてイエスが見事に答えられたのを知って、に尋ねた、「すべての戒めの中で、どれが第一のものですか?」
12:29イエスは答えられた、「第一はこれである、『聞け、イスラエルよ.わたしたちのであるは、唯一のである.
12:301を尽くし、魂を尽くし、思いを尽くし、2力を尽くして、あなたのであるを愛しなさい』。
12:31第二はこれである、『自分自身のように、あなたの隣人を愛しなさい』。1これらよりも大いなる戒めはない」。
12:32すると、その聖書学者はに言った、「先生、そのとおりです.『はひとりであって、のほかにはない』と言われたのは、本当です.
12:33また心1を尽くし、知性を尽くし、力を尽くしてを愛すること、自分自身のように自分の隣人を愛することは、どんな全焼のささげ物やいけにえよりも、はるかにまさっています」。
12:34イエスは、彼が的確に答えたのを見て、彼に言われた、「あなたはの王国から遠くない」。こうしてこれ以上、だれもにあえて問う者はいなかった。

5

すべての口をふさぐ――12:35-37
12:351イエスはまた宮の中で2教えておられた時、言われた、「3聖書学者たちはどうして、キリストはダビテの子であると言うのか?
12:36ダビデ自身が聖霊の中で言った、『はわたしのに言われた、わたしあなたの敵をあなたの足の下に置くまで、わたしの右に座していなさい』。
12:37ダビデ自身がと呼んでいるのに、どうしてはダビデの1子であるだろうか?」。大群衆は、喜んでに聞き入っていた。

6

聖書学者に気をつけるよう警告する――12:38-40
12:38イエスはまた教えの中で言われた、「律法学者たちに気をつけなさい.彼らは長い外套を着て歩き回ることを好み、市場であいさつされることや、
12:39会堂での特別席や、宴会での上座を好む
12:40彼らはやもめたちの家を食い尽くし、見えのために長い祈りをする。このような者たちは、さらに重い1裁きを受けることになる」。

7

貧しいやもめを称賛する――12:41-44
12:41さて、イエスは奉献所の向かいに座って、1群衆がどのように奉献所に2金を1投げ入れるかを見ておられた。大勢の金持ちがたくさん投げ入れていた。
12:42ところが、一人の貧しいやもめが来て、レプタ二つ、すなわち1一コドラントを投げ入れた。
12:43イエスは弟子たちを呼び寄せて言われた、「まことに、わたしはあなたがたに言う.この貧しいやもめは、奉献所に投げ入れているどの人よりも、多く投げ入れたのだ.
12:44彼らはみな、あり余っている中から投げ入れたのだが、彼女は欠乏している中から、自分の持っているものすべて、生活費の全部を投げ入れたからである」。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-マルコによる福音書