聖書セミナー2022年7月16日(土)開催
オンライン聖書―回復訳─マルコによる福音書オンライン聖書―回復訳─マルコによる福音書

アウトライン


マルコによる福音書 第 十五 章

<前の章 次の章>

b

異邦人を代表するローマの総督によって――15:1-15
15:1さて朝すぐに祭司長たちは、長老たち、聖書学者たち、1サンヒドリン全体と協議した上で、イエスを縛り、引いて行って2ピラトに引き渡した。
15:2そこでピラトはに尋ねた、「あなたがユダヤ人のであるのか?」。イエスは言われた、「あなたの言うとおりである」。
15:3祭司長たちは多くの事でを訴えた。
15:4そこで、ピラトは再びに尋ねて言った、「何も答えないのか? 見よ、何と多くの事で、彼らはあなたを訴えていることか」。
15:5しかし、イエスはそれ以上、1何も答えようとされなかった.それで、ピラトは不思議に思った。
15:6ところで総督は、祭りの時に、人々が要求する囚人の一人を、釈放することにしていた。
15:7そこにバラバという名の者が、暴徒たちと共に捕縛されていた.彼らは暴動の時に、人殺しをした者たちであった。
15:8そこで群衆が1やって来て、いつものように自分たちにしてもらいたいと、総督に求め始めた。
15:9ピラトは彼らに答えて言った、「あなたがたは、あのユダヤ人のを釈放してもらいたいのか?」
15:10祭司長たちがイエスを引き渡したのは、ねたみのためであることを、彼は知っていたからである。
15:11しかし、祭司長たちは、むしろバラバを釈放してもらうようにと、群衆を扇動した。
15:12ピラトは再び彼らに言った、「それでは、あなたがたがユダヤ人のと呼んでいる者を、どうしてほしいのか?」
15:13再び彼らは叫んだ、「1を十字架につけよ!」
15:14ピラトは彼らに言った、「なぜか、はどんな悪事を行なったのか?」。しかし、彼らはますます大声で叫んだ、「を十字架につけよ!」
15:15そこでピラトは、群衆を満足させようとして、バラバを釈放し、イエス1むち打ってから、2十字架につけるために引き渡した。

3

十字架につけられる――15:16-41
15:161それから、兵卒たちはイエスを中庭に、すなわち2総督官邸の中庭に連れて行き、全部隊を召集した。
15:17そして彼らは1紫の服を着せ、いばらの冠を編んで2かぶらせた。
15:18そして「ユダヤ人の1おめでとう!」とにあいさつし始めた。
15:19また彼らは葦でイエスの頭を打ち、につばきを吐きかけた。またひざまずいて、を拝んだ。
15:20彼らはイエスをあざけってから、紫の服を脱がせて、もとの衣を着せた。そしてを十字架につけるために引き出した。
15:211すると、アレキサンデルとルポスの父、クレネ人シモンという者が村から出て来て、通りかかったので、人々は彼に無理やりイエスの十字架を負わせた。
15:22こうして彼らはイエスをゴルゴタ、訳すと、「どくろの場所」という所に連れて来た。
15:23彼らはイエスに没薬を混ぜた1ぶどう酒を飲ませようとしたが、はお受けにならなかった。
15:24それからイエスを十字架につけて、だれが何を取るかをくじ引きにして、の衣を分けた。
15:25彼らがイエスを十字架につけたのは、1午前九時であった。
15:26に対する罪状書きには「ユダヤ人の」と書き記されていた。
15:27彼らはイエスと一緒に二人の強盗を、一人はの右に、一人はの左に十字架につけた。
15:281こうして、「は不法な者たちの中に数えられた」と言っている聖書が成就した。
15:29通りすがりの者たちはを冒とくし、頭を振って言った、「ああ! 1宮を壊して三日のうちに建てるよ、
15:301自分を救え.十字架から下りて来い!」
15:31同じように祭司長たちも、聖書学者たちと一緒になって、口々にあざけって言った、「は他人を救ったが、自分自身を救うことができない。
15:32イスラエルのキリストよ、今、十字架から下りて来い.そうすれば、われわれは見て信じよう」。イエスと共に十字架につけられていた者たちも、をののしった。
15:33さて1正午になった時、暗やみが全地を覆って、2午後三時に及んだ。
15:34そして午後三時に、イエスは大声で叫ばれた、「1エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ?」.訳せば、「わが神わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか?」
15:35そばに立っていた者の何人かがそれを聞いて、「見よ、はエリヤを呼んでいる」と言った。
15:36すると、ある者が駆け寄り、海綿に酢を含ませ、それを葦につけて、イエスに飲ませようとして言った、「そのままにしておけ。エリヤがを取り下ろしに来るかどうかを見よう」。
15:37イエスは叫び声を上げて、息を引き取られた。
15:38すると、宮の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂けた。
15:39イエスと向かい合って立っていた百人隊長は、がこのように息を引き取られたのを見て言った、「まことに、この人は神の子であった」。
15:40また、遠くから見守っている女たちもいた.その中にはマグダラのマリヤ、2若いヤコブとヨセの母1マリヤ、3サロメがいた.
15:41彼女たちは、イエスがガリラヤにおられた時、に従い、仕えていた者である.そのほかにも、と共にエルサレムに上って来た多くの女たちがいた。

4

葬られる――15:42-47
15:421夕方になって、準備の日、すなわち、安息日の前であったので、
15:43アリマタヤのヨセフが来た.彼は1身分の高い議員で、自らもの王国を待ち望んでいた.彼は勇気を出してピラトの所に行き、イエスの体を引き渡してくれるように求めた。
15:44するとピラトは、イエスがもう死んだのかと不思議に思い、百人隊長を呼んで、イエスが死んで長くたったのかと尋ねた。
15:45彼は百人隊長に確かめた上、ヨセフに遺体を渡した。
15:46そこでヨセフは細糸の亜麻布を買って来て、イエスを取り下ろし、その亜麻布で包んだ。彼は1岩に掘った墓にイエスを納め、墓の入り口に石を転がしておいた。
15:47マグダラのマリヤとヨセのマリヤは、の納められた所を見ていた。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-マルコによる福音書