オンライン聖書―回復訳─ルカによる福音書オンライン聖書―回復訳─ルカによる福音書

アウトライン


ルカによる福音書 第 七 章

<前の章 次の章>

10

死にかかっている者をいやす――7:1-10
7:1イエス1聞き入っている民に言葉をみな語り終えると、2カペナウムに入られた。
7:2ところが、ある百人隊長に非常に重んじられている一人の奴隷が、病んで死にそうであった。
7:3百人隊長はイエスのことを聞いて、ユダヤ人の長老たちをイエスのもとに送り、イエスに来ていただき、彼の奴隷を1完全にいやしてくださるようにとお願いした。
7:4彼らはイエスの所に来ると、切に願って言った、「あの方は、あなたにそうしていただく値打ちがあります.
7:5彼はわたしたちの国民を愛して、わたしたちのために自ら会堂を建ててくれたのです」。
7:6そこで、イエスは彼らと共に行かれた。ところが、イエスがその家から遠くない所まで来られた時、百人隊長は友人たちを送って、イエスに伝えた、「よ、わざわざおいでくださいませんように.わたしは、あなたを自分の屋根の下にお迎えするには、ふさわしくありません.
7:7ですから、わたし自身も、あなたの所に行く資格がないと思ったのです。ただ一言お言を下さい.そうすれば、わたしのしもべはいやされます。
7:8というのは、わたしも権威の下にある者ですが、わたしの下にも兵卒たちがいるからです。そこで、わたしがこの者に『行け』と言えば、彼は行き、あの者に『来い』と言えば、彼は来ますし、わたしの奴隷に『これをせよ』と言えば、彼はそれを行なうのです」。
7:9イエスはこれらの事を聞くと、彼に驚き、従っている群衆に向いて言われた、「わたしはあなたがたに言う.イスラエルのうちにも、わたしはこれほど大きな信仰を見たことがない」。
7:10遣わされた人たちが家に戻ると、その奴隷は元気になっていた。

11

一人息子をよみがえらせることによって、泣き悲しんでいるやもめにあわれみを示す――7:11-17
7:11それから1間もなく、イエスはナインと呼ばれる町に入って行かれた.弟子たちと大勢の群衆も、に同行した。
7:12イエスがその町の門に近づかれた時、見よ、ある母親の一人息子が死んだので、運び出されるところであった.彼女はやもめであった.その町の大勢の群衆が、彼女に付き添っていた。
7:13は彼女を見て、1深くあわれみ、彼女に「泣くことはない」と言われた。
7:14イエスは近づいて、その棺に触られた.すると、それを運んでいる者たちは立ち止まった。そこでは言われた、「若者よ、わたしはあなたに言う.起きなさい」。
7:15すると、その死人は起き上がって、ものを言い始めた。イエスは彼を母親に渡された。
7:16すべての人は畏れを抱き、に栄光を帰して、「大いなる預言者がわたしたちの間に起こされた」と言い、また「ご自身の民を訪れてくださった!」と言った。
7:17そしてイエスについてのこの評判は、1ユダヤ全地とその付近全体に広まった。

12

人-救い主の先駆者を力づける――7:18-35
7:181ヨハネの弟子たちは、これらすべての事についてヨハネに報告した。
7:19すると、ヨハネは彼の弟子の中から二人を呼び寄せ、彼らを1の所に遣わして言わせた、「来たるべきあなたですか、それとも、ほかのだれかを待つべきでしょうか?」
7:20すると、その人たちはイエスの所に来て言った、「バプテスマのヨハネがわたしたちをあなたに遣わし、尋ねています、『来たるべきあなたですか、それとも、ほかのだれかを待つべきでしょうか?』」
7:21その時、イエスは多くの人を、病気や苦悩や悪霊からいやし、また恵みをもって、多くの盲人に視力を与えておられた。
7:22イエスは彼らに答えて言われた、「行って、あなたがたが見たり聞いたりしていることを、ヨハネに報告しなさい.盲人は見えるようになり、足の不自由な人は歩き、らい病の人は清められ、耳の聞こえない人は聞こえ、死人はよみがえらされ、貧しい人には福音が1宣べ伝えられている。
7:23わたし1つまずかない者は、幸いである」。
7:24ヨハネの使者たちが立ち去ると、イエスは群衆に、ヨハネについて話し始められた、「あなたがたは何を見に荒野へ出て行ったのか? 風に揺らぐ葦か?
7:25それでは、何を見に行ったのか? 柔らかい衣をまとった人か? 見よ、きらびやかな衣裳を身にまとい、ぜいたくに暮らしている人たちは、王宮にいる。
7:26それでは、何を見に出て行ったのか?預言者か? そうだ、わたしはあなたがたに言う.預言者より、はるかにまさる者である。
7:27『見よ、わたしわたしの使いをあなたの面前に遣わし、あなたの前にあなたの道を備えさせる』と書き記されているのは、この人のことである。
7:28わたしはあなたがたに言う.女から生まれた者のうち、ヨハネよりも大いなる者はいない.しかし、の王国で最も小さい者も、彼よりは大きいのである」。
7:29民のすべてと取税人たちは、これを聞いた時、ヨハネのバプテスマでバプテスマされていたので、を義しいと認めた。
7:30しかし、パリサイ人と1律法学者たちは、彼によってバプテスマされることをしないで、自分たちに対するの意図を2退けた。
7:31イエスは言われた、「ところで、この世代の人たちを、わたしは何にたとえようか? 彼らは何に似ているだろうか?
7:32彼らは、市場に座って互いに呼び合い、『わたしたちはあなたがたに笛を吹いたのに、あなたがたは踊らなかった.弔いの歌を歌ったのに、泣かなかった』と言う小さい子供たちに似ている。
7:33バプテスマのヨハネが来て、パンも食べずぶどう酒も飲まないと、あなたがたは、『彼は悪鬼にとりつかれている』と言う。
7:34人の子が来て、食べたり飲んだりすると、『見よ、食いしん坊で大酒飲み、取税人や罪人の友』と言う。
7:35しかし、知恵はそのすべての子供たちによって義とされる」。

13

罪人たちを赦す――7:36-50
7:36さて、あるパリサイ人が、一緒に食事をしてくださるようイエスに願った。そこで、はそのパリサイ人の家に入って、食卓に着かれた。
7:37すると見よ、その町に罪人である一人の女がいた.イエスがそのパリサイ人の家で、食卓に着いておられることを知ると、彼女は香油の入った石膏のつぼを1携えて来た。
7:38そして、彼女はイエス後ろに立ち、足もとで泣きながら、涙での足をぬらし、自分の1頭の毛でそれをぬぐい始めた.また彼女はの足に2愛情を込めて口づけし、3香油を塗った。
7:39イエスを招待したそのパリサイ人は、これを見た時、心の中で言った、「もし1この人が預言者であれば、自分に触っている者は、だれで、どんな女であるか、わかりそうなものだ.彼女は罪人なのだから」。
7:40そこで、イエスは彼に1答えて言われた、「シモン、あなたに言うことがある」。彼は、「先生、おっしゃってください」と言った。
7:41「ある金貸しに1二人の債務者がいた.一人は五百2デナリ、もう一人は五十デナリ借りていた。
7:42ところが、彼らは1返すものがなかったので、金貸しは二人とも、気前よく2赦してやった。3そこで、二人のうち、どちらが彼を多く愛するだろうか?」
7:43シモンは答えて言った、「気前よく多く赦してもらった者だと思います」。イエスは彼に言われた、「あなたの判断は正しい」。
7:44そして、イエスはその女のほうを振り向き、シモンに言われた、「あなたはこの女を見たか? わたしはあなたの家に入ったが、あなたはわたしの足のために1水を与えてくれなかった.ところが、この女はわたしの足を涙でぬらし、自分の髪の毛でぬぐってくれた。
7:45あなたはわたしに口づけしなかったが、この女は、わたしが入って来た時から、わたしの足に愛情を込めて口づけしてやまなかった。
7:46あなたはわたしの頭に油を塗らなかったが、この女はわたしの足に香油を塗ってくれた。
7:47こういうわけで、わたしはあなたに言う.彼女の2罪は多いが、赦されている.だから彼女は1多く愛した.しかし、少ししか赦されていない者は、1少ししか愛さない」。
7:48そしてイエスは女に言われた、「1あなたの罪は赦されている」。
7:49すると、共に食卓に着いていた者たちは、互いに言い始めた、「1罪を赦しさえするこの人は、いったい何者なのだろう?」
7:50しかし、イエスはその女に言われた、「あなたの1信仰があなたを救ったのです。平安2の中を行きなさい」。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ルカによる福音書