オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書

アウトライン


ヨハネによる福音書 第 十 章

<前の章 次の章>

b

命の牧養――宗教の外にいる信者たちのために――10:1-42

(1)

羊の囲い、門、牧場――羊のために――1-9節
10:1「まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.2羊の囲いに1門を通って入らないで、他の所を乗り越えて来る者は、3盗人であり強盗である.
10:2しかし、門を通って入る者は、羊の牧者である。
10:3門番は彼に開き、1羊は彼の声を聞く.彼は自分の羊の名を呼んで、彼らを導き出す。
10:4彼が自分のものをみな出すと、彼らに先立って行く.羊は彼の声を知っているので、彼に従って行く。
10:5しかし、見知らぬ者には決して従わないで、彼から逃げ去る.それは、見知らぬ者の声を知らないからである」。
10:6イエスはこのたとえを彼らに語られたが、の語られたことが何の事か、彼らにはわからなかった。
10:7そこで、イエスは再び彼らに言われた、「まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.わたしは羊の門である。
10:8わたしより前に来た者はみな、盗人であり強盗である.しかし、羊は彼らの言うことを聞かなかった。
10:9わたし1門である.だれでもわたしを通って入る者は救われ、また入ったり出たりして、2牧場を見いだす。

(2)

牧者、神聖な命、魂の命――群れのために――10-21節
10:10盗人が来るのは、盗んだり、殺したり、破壊したりするためにほかならない.わたしが来たのは、羊が1命を得、しかも豊かに得るためである。
10:11わたしは良い牧者である.良い牧者は羊のために自分1命を捨てる。
10:12雇われていて、牧者ではなく、羊が自分のものではない者は、おおかみが来るのを見ると、羊を置き去りにして逃げ去る.おおかみは羊を奪い、また追い散らす。
10:13彼が逃げ去るのは、彼が雇われた者であって、羊のことを顧みないからである。
10:14わたしは良い牧者である.わたしわたしのものを知っており、わたしのものはわたしを知っている.
10:15それは、わたしを知っておられ、わたしを知っているのと同じである.そして、わたしは羊のために自分の命を捨てる。
10:16またわたしには、この囲いのものではない1他の羊もいる.わたしは彼らをも導かなければならない.彼らはわたしの声を聞く.こうして2一つの群れ、一人の牧者となる。
10:17わたしを愛してくださるのは、わたし自分の命を捨てるからである.命を捨てるのは、それを再び得るためである。
10:18だれかがわたしから、それを取り去るのではなく、わたしがそれを自分から捨てるのである。わたしには、それを捨てる権威があり、またそれを再び得る権威がある。わたしはこの命令を、わたしから受けたのである」。
10:19これらの言のゆえに、再びユダヤ人の間に分裂が起こった。
10:20彼らの多くは言った、「は悪鬼にとりつかれて、気が狂っている。どうしてあなたがたは、の言うことを聞くのか?」
10:21他の者たちは言った、「これは、悪鬼にとりつかれた者の言葉ではない。悪鬼が盲人の目をあけることができようか?」

(3)

永遠の命、御子の手、御父の手――羊の安全のために――22-30節
10:22そのころエルサレムに、1宮の奉献の祭りがあった.時は冬であった。
10:23イエスは宮の中で、ソロモンの廊を歩いておられた。
10:24すると、ユダヤ人はを取り囲んで言った、「いつまでわたしたちの1心を、不安のままにしておくのですか? あなたキリストであるなら、わたしたちにはっきり言ってください」。
10:25イエスは彼らに答えられた、「わたしはあなたがたに言ったのに、あなたがたは信じない。わたし1わたしの御名の中で行なうわざが、わたしについて証ししている.
10:26ところが、あなたがたは信じない.あなたがたがわたしの羊ではないからである。
10:27わたしの羊はわたしの声を聞く.わたしは彼らを知っており、彼らはわたしに従う.
10:28わたしは彼らに1永遠の命を与える.彼らは決して永遠に滅びることはない.まただれも1わたしの手から、彼らを奪い去りはしない。
10:29彼らをわたしに与えられたわたしは、すべてのものより偉大である.だれも、わたし1の手から、彼らを奪い去ることはできない。
10:301わたしは一である」。

(4)

宗教の迫害――31-39節
10:31そこで、ユダヤ人はを石打ちにしようとして、再び石を取り上げた。
10:32イエスは彼らに答えられた、「わたしからの多くの良いわざを、あなたがたに示してきた.そのうちのどのわざのために、わたしを石打ちにしようとするのか?」
10:33ユダヤ人はに答えた、「あなたを石打ちにするのは、良いわざのためではない.冒とくしたからだ.また、あなたは人であるのに、自分としているからだ」。
10:34イエスは彼らに答えられた、「あなたがたの律法に、『わたしは言った、あなたがたは神である』と書かれているではないか?
10:35の言が臨んだ人たちのことを、『彼らは神々である』とは言われた.そして、聖書は廃棄されることができない.
10:36それなのに、が聖別して世に1遣わされたを、『わたし神の子である』と言ったために、『あなたは冒とくしている』と言うのか?
10:37もしわたしわたしのわざを行なわないなら、わたしを信じなくてもよい.
10:38しかし、わたしそれを行なっているなら、たとえわたしを信じなくても、そのわざを信じなさい.それは、わたしの中におられわたしの中にいることを、あなたがたが知るようになり、また知り続けるためである」。
10:39彼らはまたもイエスを捕らえようとしたが、は彼らの手から去って行かれた。

(5)

命が宗教を放棄することと、命の新しい立場――40-42節
10:401イエスは再びヨルダンを渡り、ヨハネが初めにバプテスマしていた所へ行って、そこにとどまられた。
10:41すると、多くの人がの所に来て言った、「ヨハネは何のしるしも行なわなかったが、ヨハネがこの人について言った事は、すべて真実であった」。
10:42そこでは、多くの人がの中へと信じた。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヨハネによる福音書