オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書

アウトライン


ヨハネによる福音書 第 十二 章

<前の章 次の章>

D

命の結果と増殖――12:1-50

1

命の結果――祝宴の家(召会生活の縮図)――1-11節
12:1過越の六日前に、イエス1ベタニヤに来られた.そこには、イエスが死人の中から復活させたラザロがいた。
12:2そこの人々は、イエスのために晩餐を設けた.マルタは給仕をしていた.ラザロは、イエスと共に食卓に着いていた者の一人であった。
12:3その時マリヤは、非常に高価で純粋なナルドの香油一1リトラを取って、イエスの足に塗り、自分の髪の毛での足をぬぐった.するとその2家は、香油の香りで満たされた。
12:4ところが、弟子の一人で、イエスを裏切ろうとしていたイスカリオテのユダが言った、
12:5「なぜこの香油を三百1デナリで売って、貧しい人たちに与えなかったのか?」
12:6彼がこう言ったのは、貧しい人たちを顧みていたからではなく、彼は盗人であって、金入れを預かり、その中のものを、ごまかしていたからである。
12:71イエスは言われた、「するがままにさせておきなさい.彼女はわたしの葬りの日のために、それを取って置いたのだから。
12:8貧しい人たちは、あなたがたといつも一緒にいるが、わたしはあなたがたといつも一緒にいるわけではないのだから」。
12:9その時ユダヤ人の大群衆は、イエスがそこにおられることを知って、イエスのためだけでなく、が死人の中から復活させたラザロをも見ようとしてやって来た。
12:10そこで祭司長たちは、ラザロをも殺そうと協議した.
12:11それは、ラザロのために多くのユダヤ人が去って行き、イエスの中へと信じたからである。

2

命が死と復活を通して、召会のために増殖する(神が栄光を受けられることと、この世とサタンに対する裁きとを暗示する)――12-36節前半
12:12その翌日、祭りに来ていた大群衆は、イエスがエルサレムに来られると聞いて、
12:13しゅろの木の枝を取り、を迎えに出て叫んだ、「1ホサナ、の御名の中で来られる、イスラエルのに祝福あれ!」
12:14イエスは子ろばを見つけて、それに乗られた.それは、こう書かれているとおりである、
12:15「恐れるな、シオンの娘よ.見よ、あなたのが、ろばの子に乗って来られる」。
12:16弟子たちは最初、これらの事がわからなかった.しかし、イエスが栄光を受けられた時、これらの事がについて書かれたのであり、また人々がこれらをに行なったのであると、弟子たちは思い出した。
12:17イエスがラザロを墓から呼び出して死人の中から復活させられた時、と共にいた群衆は証しをした。
12:18そして、イエスがこのしるしを行なわれたことを聞いたので、群衆は行ってを迎えた。
12:19そこで、パリサイ人は互いに言った、「あなたがたの努力は全く無駄である.見よ、世の人がみなについて行ってしまった」。
12:20さて、祭りで礼拝するために上って来ている人たちの間に、ギリシャ人が何人かいた。
12:21これらの人たちは、ガリラヤのベツサイダ出身のピリポの所に来て、彼に頼んで言った、「ご主人さま、イエスにお会いしたいのですが」。
12:22ピリポは行ってアンデレに話し、アンデレとピリポは行って、イエスに話した。
12:23イエスは彼らに答えて言われた、「人の子1栄光を受ける時が来た。
12:24まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.一粒の麦が1地に落ちて死ななければ、それは一粒のままである.しかし、それが死んだなら、2多くの実を結ぶ。
12:25自分の1魂の命を愛する者はそれを失い、この世で自分の1魂の命を憎む者は、それを保って2永遠の命に至る。
12:26だれでもわたしに仕えるなら、わたしについて来なさい.そうすれば、わたしのいる所に、わたしに仕える者もいるのである。だれでもわたしに仕えるなら、はその人を尊ばれる。
12:27今、わたし1魂は騒いでいる.わたしは何と言おうか? よ、この時からわたしを救ってください。しかし、2このためにこそ、わたしはこの時に至ったのです。
12:28よ、御名の1栄光を現してください」。その時、天から声が臨んだ、「わたしはすでに1栄光を現した.そして再び、1栄光を現そう」。
12:29そばに立っていてそれを聞いた群衆は、「雷が鳴ったのだ」と言った.他の者は、「御使いがに語りかけたのだ」と言った。
12:30イエスは答えて言われた、「この声が1臨んだのは、わたしのためではなく、あなたがたのためである。
12:31今は、この2世が1裁きを受ける時である.今、この世の支配者は追い出される。
12:32わたしは、地から1上げられるなら、すべての人をわたし自身に引き寄せよう」。
12:33イエスはこう言って、ご自分がどのような死に方で死のうとしているかを示されたのである。
12:34群衆はに答えた、「キリストは永遠にとどまり続けると、わたしたちは律法から聞いています.どうしてあなたは、『人の子は上げられなければならない』と言われるのですか? この人の子とはだれのことですか?」
12:35イエスは彼らに言われた、「なおしばらくの間、光はあなたがたの間にある。光がある間に歩きなさい.それは、暗やみがあなたがたに打ち勝つことのないためである.暗やみの中を歩く者は、自分がどこへ行くのかわかっていない。
12:36あなたがたは、光がある間に、光の子となるために、光の中へと信じなさい」。

3

宗教の不信と盲目――36節後半-43節
12:36イエスはこれらの事を語ると、立ち去って、彼らから身を隠された。
12:37が彼らの前で多くのしるしを行なわれたのに、彼らはの中へと信じなかった.
12:38それは、預言者イザヤが言った言が成就するためであった.「よ、だれがわたしたちの伝えたことを信じましたか? 1の御腕はだれに現されましたか?」
12:39こうして、彼らは信じることができなかった.なぜなら、イザヤはさらに言っているからである、
12:40は彼らの目を1盲目にし、彼らの心をかたくなにされた.それは、彼らが目で見ず、心で理解せず、立ち返らず、わたしが彼らをいやすことがないためである」。
12:41イザヤがこう言ったのは、1の栄光を見て、について語ったからである。
12:42それにもかかわらず、役人たちの多くがの中へと信じた.しかし、パリサイ人をはばかって、告白しなかった.それは、会堂から追放されないためであった.
12:43彼らはの栄光よりも、人の栄光を愛したからである。

4

不信の宗教に対する命の宣言――44-50節
12:44イエス1叫んで言われた、「わたしの中へと信じる者は、わたしの中へではなく、わたしを遣わされたの中へと信じるのである.
12:45また、わたしを見る者は、わたしを遣わされたを見るのである。
12:46わたしは光として世に来た.それは、わたしの中へと信じる者がすべて、暗やみの中にとどまらないためである。
12:47人がわたし1言葉を聞いて、それを守らないとしても、わたしは彼を裁かない.わたしが来たのは、世の人を裁くためではなく、世の人を救うためだからである。
12:48わたしを拒み、わたしの言葉を受け入れない者には、彼を裁くものがある.わたしが語った言が、終わりの日に彼を裁くのである。
12:49なぜなら、わたしは自分から語ったのではなく、わたしを遣わされた父ご自身が、何を言うべきか、何を語るべきか、わたしに命令を与えられたからである。
12:50わたしは、の命令が1永遠の命であることを知っている。だから、わたしが語る事は、わたしに言われたままを語っているのである」。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヨハネによる福音書