オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書オンライン聖書―回復訳─ヨハネによる福音書

アウトライン


ヨハネによる福音書 第 五 章

<前の章 次の章>

4

無力な人の必要――命が生かす――5:1-47

a

宗教が律法を守ることの不十分さと、御子が命を与えることの十分さ――1-9節
5:1この事の後、ユダヤ人の祭りがあったので、イエスはエルサレムに上られた。
5:2エルサレムには、1羊の門の近くに一つの池があり、ヘブル語で2ベテスダと呼ばれていて、そこには3五つの回廊がある。
5:31これらの中に、大勢の病んでいる人、盲人、足の不自由な人、体の麻ひした人が横たわって、2水が動くのを待っていた。
5:4というのは、1御使いがときどきその池に下りて来て、その2水をかき立てたからである.水がかき立てられた後、真っ先に入り込む者は、患っていたどんな病も3良くなったのである。
5:5そこに1ある人がいて、三十八年間、病の中にあった。
5:6イエスはこの人がそこに横たわっているのを見、また彼がすでに長い間その状態にあったことを知って、「1良くなりたいのか?」と言われた。
5:7その病人はに答えた、「1ご主人さま2水がかき立てられる時、わたしを池の中に入れてくれる人がいないので、わたしが行こうとしている間に、別の人が先に入ってしまうのです」。
5:8イエスは彼に言われた、「起きなさい.あなたの1床を取り上げて歩きなさい」。
5:9すると、たちまちその人は1良くなり、2彼の床を取り上げて歩いた。その日は安息日であった.

b

宗教は命に敵対する――10-16節
5:10そこで、ユダヤ人はそのいやされた者に言った、「安息日だ.あなたが床を取り上げるのは1よくない」。
5:11しかし彼は答えた、「わたしを良くしてくださったが、『あなたの床を取り上げて歩きなさい』と言われたのです」。
5:12彼らは、「『あなたの床を取り上げて歩きなさい』と言ったその人はだれか?」と彼に尋ねた。
5:13いやされた人は、それがだれであるか知らなかった.その場に群衆がいたので、イエスは退いておられたからである。
5:14この事の後、イエスは彼を宮の中で見つけて、彼に言われた、「見よ、あなたは良くなった.1もう罪を犯してはいけない.もっと悪いことがあなたに起こらないためである」。
5:15その人は行って、自分を良くしてくださったイエスであると、ユダヤ人に告げた。
5:16このためにユダヤ人は、イエスを迫害し、1殺そうと思った.それは、がこの事を安息日に行なわれたからである。

c

御子は、命を与え裁きを執行することで、御父と等しい――17-30節
5:17イエスは彼らに答えられた、「わたしは今に至るまで1働いておられる.だから、わたしも働いているのである」。
5:18このためにユダヤ人は、ますます1を殺そうと思った.なぜなら、は安息日を破っただけでなく、ご自分と呼んで、ご自身2と等しくされたからである。
5:19イエスは彼らに答えて言われた、「まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.は、が行なわれることを見ないでは、自分から何もすることができない.が行なわれることは何であれ、も同じように行なう。
5:20を愛して、彼ご自身が行なわれるすべての事をに示される.また、これらよりもさらに大いなるわざをに現されるので、あなたがたは驚くであろう。
5:21は死人を起こし、彼らに命を与えられるように、自分が与えたい人に命を与える。
5:22はだれをも裁くことはない.はすべての裁きをにゆだねられた.
5:23それは、すべての人がを尊ぶのと同じように、を尊ぶためである。を尊ばない者は、を遣わされたを尊ばない。
5:24まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.わたしの言を聞いて、わたしを遣わされたを信じる者は、1永遠の命を持っており、また2裁きを受けることがなく、3死から命へ移っているのである。
5:25まことに、まことに、わたしはあなたがたに言う.1死人が神の子の声を聞き、そして聞く者が1生きる時が来る.それは今である。
5:26は、ご自身の中に命を持っておられるように、にも与えて、彼自身の中に命を持つようにしてくださった.
5:27そして、1人の子であるので、に裁きを行なう権威を与えられた。
5:28このことに驚いてはならない.時が来ると、1墓の中にいる者がすべての声を聞いて、
5:29出て来る.善を行なった者は1命の復活に、2悪を行なった者は3裁きの復活に入る
5:30わたし自分からは何も行なうことができない.わたしは聞くとおりに裁く.そしてわたしの裁きは正しい.なぜなら、わたし自分の意志を求めないで、わたしを遣わされたのみこころを求めるからである。

d

御子の四重の証し――31-47節
5:31もしわたし自分自身について証しするなら、わたしの証しは真実ではない。

(1)

バプテスマのヨハネの証し――32-35節
5:32わたしについて証しする者がほかにいる.彼がわたしについて行なう証しは真実であることを、わたしは知っている。
5:33あなたがたはヨハネに人を遣わしたが、彼は1真理について証しをした。
5:34しかし、わたしは人から出た証しを受けない.わたしがこれらの事を言うのは、あなたがたが救われるためである。
5:35彼は燃えて輝くともし火であり、あなたがたは、彼の光の中でしばらくの間、大いに喜ぼうとした。

(2)

御子のわざの証し――36節
5:36しかし、わたしにはヨハネよりも大きい証しがある.わたしに成し遂げるようにと与えられたわざ、すなわち、わたしが行なっているわざそのものが、わたしについて、わたし1遣わされたことを証しするからである。

(3)

御父の証し――37-38節
5:37また、わたしを遣わされたは、わたしについて1証しされた。あなたがたは、まだの声を聞いたことがなく、の形を見たこともない.
5:38またあなたがたは、の言を自分の内に住まわせていない.が遣わされたを、あなたがたは信じないからである。

(4)

聖書の証し――39-47節
5:39あなたがたは1聖書を調べている.それは、その中に永遠の命があると思っているからである.しかし聖書は、わたしについて証しをするのである。
5:40しかもあなたがたは、命を得るために1わたしに来ようとはしない。
5:41わたしは人からの栄光を受けない。
5:42しかし、わたしはあなたがたを知っている.すなわち、あなたがたの内にはの愛がないのである。
5:43わたし1わたしの御名の中で来たが、あなたがたはわたしを受け入れない.もし他の者が自分の名の中で来るなら、あなたがたは彼を受け入れるであろう。
5:44あなたがたは互いに栄光を受け、そして唯一のからの栄光を求めないなら、どうして信じることができようか?
5:45わたしがあなたがたをに訴えると思ってはならない.あなたがたを訴える者は、あなたがたが望みを置いているモーセである。
5:46もしあなたがたがモーセを信じたのであれば、わたしを信じたはずである.なぜなら、彼はわたしについて書いたからである。
5:47しかし、彼の書いたものを信じないのであれば、どうしてわたしの言葉を信じるだろうか?」

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヨハネによる福音書