聖書セミナー2022年7月16日(土)開催
オンライン聖書―回復訳─使徒行伝オンライン聖書―回復訳─使徒行伝

アウトライン


使徒行伝 第 二十二 章

<前の章 次の章>
22:11みなさん、兄弟たち、父たちよ.わたしが今あなたがたに行なう2弁明を聞いてください」。
22:2すると彼らは、パウロが1ヘブル語で彼らに語るのを聞いて、ますます静かになった。そこで彼は言った、
22:3「わたしはキリキヤのタルソで生まれた1ユダヤ人ですが、この都で育ちました.そしてガマリエルのひざもとで、わたしたちの父祖の律法の厳格さにしたがって訓練され、今日のあなたがた一同と同じように、に対して熱心でした。
22:4またわたしは、死に至らせるまでこの1「道」を迫害し、男も女も縛って獄に投じました.
22:5これは、大祭司や1長老たちの全議会がわたしのために証ししてくれることです.わたしは彼らから兄弟たちにあてた手紙を受け取り、ダマスコに向かいました.それは、そこにいる者たちを縛り、彼らが罰せられるように、エルサレムに連れて来るためでした。
22:6さて、わたしが旅を続けてダマスコに近づいた時、真昼ごろ突然、大きな光が天からわたしの周りを照らしました.
22:7わたしは地に倒れ、一つの声がわたしに言うのを聞きました、『サウロ、サウロ、なぜ1わたしを迫害するのか?』
22:8そこで、わたしは答えました、『1よ、あなたはどなたですか?』。するとはわたしに言われました、『わたしは、あなたが迫害しているナザレ人イエスである』。
22:9わたしと共にいた人たちは、その光を見ましたが、わたしに語りかけていたの声は1聞きませんでした。
22:10そこでわたしは、『よ、わたしは何をすべきでしょうか?』と言いました。すると、はわたしに言われました、『立ち上がって、ダマスコへ行きなさい.そうすれば、あなたが行なうように定められているすべての事が、そこであなたに1告げられる』。
22:11わたしは、その光の栄光のために1見ることができなかったので、わたしと共にいた者たちに手を引かれて、ダマスコへ入って行きました。
22:12すると、1アナニヤという、律法にしたがう信心深い人で、そこに住むすべてのユダヤ人に2称賛されている人が、
22:13わたしの所に来て、そばに立ってわたしに言いました、『兄弟サウロよ、1見えるようになりなさい!』。するとその瞬間、わたしは見上げると、彼が見えました。
22:14彼は言いました、『わたしたちの父祖のは、あなたがのみこころを知り、あの義なるを見て、の口から声を聞くように、あらかじめ定められました.
22:15それは、あなたが見聞きした事について、すべての人に対しての証し人となるためです。
22:16そこで今、なぜあなたはためらうのですか? 立ち上がって1バプテスマされなさい.そして3の御名を2呼び求めて、あなたの罪を洗い去りなさい』。
22:17それから、わたしがエルサレムに戻り、宮の中で祈っていた時、1夢心地になり、
22:18わたしにこう言われるを見ました、『急ぎなさい.速くエルサレムから出なさい.なぜなら、わたしについてのあなたの証しを、人々が受け入れようとしないからである』。
22:19そこで、わたしは言いました、『よ、わたしがあなたを信じる人たちを獄に投じ、また至る所の会堂で打ちたたいていたのを、彼らは知っています.
22:20また、あなたの証し人ステパノの血が流されている時、わたし自身もそばに立っていて賛成し、彼を殺した者たちの衣の番をしていたのです』。
22:21すると、はわたしに言われました、『行きなさい.わたしはあなたを遠く異邦人に遣わす』」。

(4)

ローマ人によって縛られる――22:22-29
22:22パウロの言をここまで聞いた人々は、声を張り上げて言った、「こんな男は地から取り除け.彼は生かしておけない!」
22:23彼らが叫んで、衣を投げ、空中にちりをまき散らしていた時、
22:241千人隊長は彼を兵営の中に引き入れるように命じ、何の理由で彼らがそんなに彼に対して叫んでいるのか確かめるために、むち打って取り調べるようにと言った。
22:25しかし、彼らが1革むちで打とうとパウロを引き倒した時、パウロはそばに立っている百人隊長に2言った、「ローマ人であり、また有罪とされていない者を、むち打ってもよいのですか?」
22:26百人隊長はこれを聞いて千人隊長の所へ行き、それを報告して言った、「どうされますか? この者はローマ人なのです」。
22:27すると、千人隊長は来てパウロに言った、「わたしに言ってくれ.あなたはローマ人なのか」。すると彼は「そうです」と言った。
22:28千人隊長は答えた、「わたしは多額の金で、この市民権を手に入れたのだ」。パウロは言った、「しかし、わたしは生まれながらのローマ人です」。
22:29そこで、パウロを取り調べようとしていた者たちは、直ちに彼から身を引いた.そして千人隊長も恐れた.それは、彼がローマ人であること、また自分が彼を縛ったことを知ったからである。

(5)

サンヒドリンの前で自己弁明をする――22:30-23:10
22:30その翌日、千人隊長は、パウロがユダヤ人に非難されているわけを確かめようとして、彼の縄目を解き、祭司長たちと全1サンヒドリンを召集した.そしてパウロを連れ下って、彼らの前に立たせた。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-使徒行伝