オンライン聖書―回復訳─使徒行伝オンライン聖書―回復訳─使徒行伝

アウトライン


使徒行伝 第 五 章

<前の章 次の章>

b

否定的な光景――5:1-11
5:1ところが、アナニヤという名の人が、その妻サッピラと共に、資産を売り、
5:2妻もそれを承知の上で、その代金のいくらかを自分のために取って置いた。彼はその一部分を持って来て、使徒たちの足もとに置いた。
5:3そこで、ペテロは言った、「アナニヤよ、なぜ、あなたはサタンに心を満たされて1聖霊を欺き、その土地の代金のいくらかを自分のために取って置いたのか?
5:4そのままでおけば、1あなたのものではなかったか? また売ってからも、1それはあなたの権利の下になかったか? なぜあなたは心の中で、この事を2たくらんだのか? あなたは人に対してではなく、3に対して偽ったのである」。
5:5アナニヤはこの言を聞くと、倒れて1息絶えた.そして、それを聞いたすべての人に、大いなる恐れが臨んだ。
5:6若者たちは立ち上がって彼を包み、運び出して葬った。
5:7三時間ほどたって、彼の妻が、起こったことも知らずに入って来た。
5:8ペテロは彼女に応対して言った、「わたしに言いなさい.あなたがたはあの土地を、これだけで売ったのか?」。彼女は「はい、それだけです」と言った。
5:9ペテロは彼女に言った、「なぜあなたがた二人は1心を合わせて、2を試みたのか? 見よ、あなたの夫を葬った者たちの足が、戸口の所にある.彼らはあなたをも運び出すであろう」。
5:10すると彼女は、たちまち彼の足もとに倒れて、息絶えた。若者たちは入って来て、彼女が死んでいるのを見ると、彼女を運び出して、その夫のそばに葬った。
5:11そして、大いなる恐れが1召会全体と、これらの事を聞いたすべての人に臨んだ。

7

使徒たちを通して行なわれたしるしと不思議――5:12-16
5:12また、使徒たちの手によって、多くの1しるしと不思議が人々の間に起こった.彼らはみな一つ心で、ソロモンの柱廊にいた。
5:13ほかの者はだれも、あえて彼らに加わらなかったが、民は彼らを尊重していた。
5:14そして、信者たちはますます多くなり、男と女の群れがに加えられていった.
5:15ついに、人々は病人を通りに運び出し、担架や床の上に置いて、ペテロが来た時、せめて彼の影が、彼らのだれかにかかるようにした。
5:16またエルサレム付近の町々からも、群衆が病人や汚れた霊に悩まされている者たちを連れて、集まって来たが、彼らはみないやされた。

8

ユダヤ人の宗教家たちによる迫害の継続――5:17-42

a

サンヒドリンが使徒たちを逮捕することと、主の救助――17-28節
5:17そこで、大祭司と、共にいるすべての者、すなわちサドカイ派の者たちは立ち上がり、しっとに満たされた.
5:18彼らは使徒たちに手をかけて、公共の留置場に入れた。
5:19ところが、の御使いは夜中に獄の戸を開き、彼らを導き出して言った、
5:20「行って宮の中に立ち、民衆に2この命の1言葉をすべて語りなさい」。
5:21彼らはこれを聞くと、夜明けごろ宮に入って、教え始めた。そこで大祭司と、共にいる者たちがやって来て、サンヒドリン、1さらにはイスラエルの子たちの長老からなる全会議も召集し、彼らを連れ出すために、獄に人を遣わした。
5:22ところが、下役たちが着いてみると、彼らは獄にいなかった.そこで、戻って来て報告し、
5:23言った、「獄はしっかり錠がかけられており、看守たちは戸口に立っていました.ところが、戸を開いてみると、中にはだれもいませんでした」。
5:24この言を聞いて、1宮の守衛長も祭司長たちも、これはいったいどうなるのかと、使徒たちのことで全く途方にくれた。
5:25すると、ある者が来て彼らに報告した、「ご覧ください.あなたがたが獄に入れた人たちが、宮の中に立って、民衆を教えています」。
5:26そこで、守衛長は下役たちと出かけ、手荒なことをしないで彼らを連れて来た.民衆に石打ちにされるのを、恐れたからである。
5:27そして彼らを連れて来て、サンヒドリンの中に立たせた。そこで、大祭司が彼らを尋問して
5:28言った、「この名によって教えてはならないと、おまえたちに1厳しく命じておいたではないか.ところが見よ.おまえたちはエルサレムに自分たちの教えを満たし、この人の血をわれわれに負わせようとしている」。

b

使徒たちの証し――29-32節
5:29しかし、ペテロと使徒たちは答えて言った、「人に従うよりも、に従うべきです。
5:30わたしたちの父祖の1は、あなたがたが木にかけて殺したイエスを、復活させました。
5:31このを、2元首また救い主としてご自身の右に1引き上げ、イスラエルに4悔い改めと5罪の赦しを3与えてくださいました。
5:32わたしたちはこれらの1事の証し人です.ご自身3従う人たちに与えられた2そうです」。

c

サンヒドリンの禁止と釈放――33-40節
5:33彼らはこれを聞くと、1激しく怒り、使徒たちを殺そうと考えた。
5:34ところが、1パリサイ人で、すべての民に尊敬されている律法の教師、ガマリエルという名の者が、サンヒドリンの中で立ち上がり、2使徒たちをしばらく外に出すように命じた。
5:35そして彼は言った、「イスラエルの人たちよ、この人たちにしようとすることについて、気をつけなさい。
5:36というのは、先ごろチゥダが立ち上がり、自分を何者かであるように言い、彼についた者が四百人ほどいた。ところが彼は殺され、彼に説き伏せられていた者たちも、すべて散らされて、跡形もなくなったからである。
5:37この後、ガリラヤ人ユダが住民登録の日に立ち上がり、人々を引き付けて、自分に従わせた。ところが、その者も滅び、彼に説き伏せられていた者たちも、すべて散らされてしまった。
5:38そこで今、あなたがたに言う.この人たちから手を引いて、なすがままに任せなさい.この企てや働きが、人から出たものであるなら、覆されるからである.
5:39しかし、もし、それがから出たものであるなら、あなたがたは彼らを覆すことはできない.もしかしたら、あなたがたは、に敵対する者となるかもしれない」。
5:40こうして、人々は彼に説き伏せられた。そこで、彼らは使徒たちを呼んで、打ちたたき、イエスの名によって語ってはならないと命じた上で、釈放した。

d

使徒たちの喜びと忠信――41-42節
5:41そこで彼らは、御名のために1辱められるにふさわしい者とされたことを喜びながら、サンヒドリンの前から出て行った。
5:42そして毎日、1宮の中で、また2家から家で教え、3イエスキリストであるとの福音を宣べ伝えてやまなかった。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-使徒行伝