オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 二 章

<前の章 次の章>

B

専ら、自分を義とする者に対して――2:1-16
2:1ああ、すべて人を1裁く者よ、それゆえあなたには弁解の余地がありません.なぜなら、あなたは人を裁くことで、自分自身を罪に定めているからです.というのは、裁くあなたも同じ事を行なっているからです。
2:2しかし、そのような事を行なう者たちの上に、1の裁きが2真理にしたがって下ることを、わたしたちは知っています。
2:3ああ、そのような事を行なう者を裁きながら、しかも自ら同じことをしている人よ、あなたは1の裁きを逃れることができると思うのですか?
2:4それともあなたは、の慈愛があなたを悔い改めに導いていることを知らないで、の豊かな慈愛と寛容と辛抱強さとを軽んじるのですか?
2:5あなたは、そのかたくなさと悔い改めない心のゆえに、の激怒との義なる裁きの現れる日のために、激怒を自分自身に蓄えているのです.
2:6このは、おのおのにその行ないにしたがって報いられます.
2:71すなわち、耐え忍んで良いわざを行ない、栄光と誉れと朽ちないものを求める者には、永遠の命が与えられ、
2:8気ままに論争して、1真理に従わないで、不義に従う者には、激怒と憤りが下されます。
2:9悪を行なうすべての1者には、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、患難と苦悩が与えられ、
2:10善を行なうすべての者には、ユダヤ人をはじめギリシャ人にも、栄光と誉れと平安が与えられます。
2:11なぜなら、は人を偏り見ることがないからです。
2:12すべて律法なしに罪を犯した者は律法なしに滅び、すべて1律法の下で罪を犯した者は律法によって裁かれます.
2:13(なぜなら、律法を聞く者がの前に義なのではなく、律法を行なう者が義とされるからです。
2:14すなわち、律法を持たない異邦人が、律法にある事柄を1天性のまま行なうときには、彼らが律法を持たなくても、その人自身が自分の律法なのです.
2:15彼らは、律法の働きが心に記されていることを表しており、自分の1良心も共に証しをして、その判断が互いに訴えたり、弁明したりするのです)。
2:16それは、わたしの福音によれば、イエス・キリストを通して、が人々の秘密を裁かれる日のことです。

C

特に、宗教的な者たちに対して――2:17―3:8
2:171しかし、もしあなたがユダヤ人を名乗り、律法に安んじ、2を誇り、
2:18みこころを知り、律法から教えられ、さらに卓越した事柄を1わきまえ知っているなら、
2:19またあなた自身が盲人の手引き、暗やみの中にいる者の光、
2:20愚かな者を教えさとす者、1幼子の教師であるという確信を持っており、律法の中に知識と真理の現れを持っているなら、
2:21どうして1あなたは、人を教える者なのに,自分自身を教えないのですか? 盗むなと教える者なのに、自分は盗むのですか?
2:22姦淫を犯すなと言う者なのに、自分は姦淫を犯すのですか? 偶像を忌み嫌う者なのに、自分はその宮から盗むのですか?
2:23律法を誇る者なのに、自分は律法に違犯することによって,を辱めるのですか?
2:24の御名はあなたがたのゆえに、異邦人の間で冒とくされている」と書かれているとおりです。
2:25もしあなたが律法を行なうなら、割礼には益があります.しかし、もしあなたが律法の違犯者であるなら、あなたの割礼は無割礼となってしまいます。
2:26こういうわけで、もし無割礼の者が律法の1規定を守るなら、彼の無割礼は割礼と見なされないでしょうか?
2:27もし生まれながら無割礼の者が、律法を守っているなら、文字と割礼を持ちながら律法の違犯者であるあなたを裁くでしょう。
2:281なぜなら、2外見上のユダヤ人である者がユダヤ人ではなく、また外見上の肉における割礼が割礼ではないからです。
2:291むしろ内側でユダヤ人である者こそユダヤ人であり、また割礼は心の割礼であって、文字2においてではなく、霊2においてです.そして、その人の賞賛は人々3からではなく、3から来るのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙