オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 七 章

<前の章 次の章>

C

内住の罪による肉の中にある束縛――7:1-25

1

二人の夫――1-6節
7:1それとも兄弟たちよ(わたしは律法を知っている者に語るのですが)、1律法は人が生きている間だけその人を支配することを、あなたがたは知らないのですか?
7:2結婚している女は、夫が生きている間は、1律法によって自分の2夫に縛られていますが、もし夫が死ねば、夫に関する1律法から解放されます。
7:3ですから、夫が生きている間に1別の男に結び付くなら、彼女は淫婦と呼ばれますが、もし夫が死ねば、彼女はその律法から解かれるので、1別の男に結び付いても、淫婦とはなりません。
7:4こういうわけで、わたしの兄弟たちよ、1あなたがたもキリストの体を通して、律法に対して死に渡されたのです.それは、1あなたがたが別の、すなわち、死人の中から復活させられた2結び付いて、わたしたちがに対して3実を結ぶためです。
7:5というのは、わたしたちが肉の中にあった時、律法を通して活動していた1罪の激情は、わたしたちの肢体の中で働いて、死に至る実を結ばせていたからです。
7:6しかし、わたしたちは縛られていたものに死んだので、今や律法から1解放されました.その結果、わたしたちは文字の古さの中ではなく、4霊の3新しさの中で2仕えているのです。

2

三つの法則――7-25節
7:7それでは、わたしたちは何と言いましょうか? 律法は罪なのでしょうか? 絶対に違います! しかし、2律法によらなければ、1わたしは罪を知りませんでした.「3あなたはむさぼってはならない」と律法が言わなかったなら、わたしはむさぼりを知らなかったでしょう。
7:81罪は戒めを通して機会を捕らえ、わたしの中にあらゆる種類のむさぼりを引き起こしました.なぜなら、律法がなければ罪は死んでいるからです。
7:9わたしは、かつて律法なしに生きていました.しかし、戒めが来た時に罪は生き返り、わたしは死にました。
7:10そして、命に至らせるはずのこの戒めそのものが、1死に至らせることをわたしは見いだしました。
7:11なぜなら、罪は1戒めを通して機会を捕らえ、わたしを欺き、戒めによってわたしを殺したからです。
7:12ですから、律法は聖であり、また戒めも聖であり、義であり、善です。
7:13それでは善であるものが、わたしにとって死となったのでしょうか? 絶対に違います! それは1罪が善であるものを通して、わたしの中に死をもたらすことによって、1罪が罪として現れるためであり、1罪が戒めを通して、はなはだしく罪深くなるためです。
7:14わたしたちは律法が2霊なるものであることを1知っていますが、わたしは3肉であって、罪の下に売られているのです。
7:15わたしは自分のしていることが1わかりません.なぜなら、わたしは自分の欲することを行なわず、かえって自分の憎むことを行なっているからです。
7:16もしわたしの行なっていることが、自分の欲しないことであるなら、わたしは律法が善であることを認めることになります。
7:17ですから、それを行なっているのは、もはやわたしではなく、わたしの中に1住んでいる罪です。
7:18わたしは自分の中に、すなわち、自分の2肉の中に、3善なるものが住んでいないことを1知っています.なぜなら、4わたしは善をしようと欲するのですが、善を行なうことはないからです。
7:19わたしは自分の欲する善を行なわず、かえって自分が欲していない悪を行なっています。
7:20もしわたしが欲していないことを行なうなら、それを行なうのはもはやわたしではなく、わたしの中に住んでいる罪です。
7:21そこでわたしは、1善をしようと欲しているわたしに、2悪が共にあるという法則を見いだします。
7:22わたしは、内なる人によれば1の律法を喜びますが、
7:23自分の肢体の中には別の1法則があって、わたしの思いの法則に逆らって2戦っており、わたしの肢体の中にある罪の法則の中に、わたしを3とりこにしているのを見ます。
7:241何とわたしは苦悩している者でしょう! だれが3この死の2体から、わたしを救い出してくれるのでしょうか?
7:25わたしたちの主イエス・キリストを通して、に感謝します! このように、1わたし自身、思いではの律法に2仕えていますが、肉では3罪の法則に仕えているのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙