聖書セミナー
オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 九 章

<前の章 次の章>

VI

選び――9:1―11:36

A

神の選び、わたしたちの運命――9:1―10:21

1

召される神により――9:1-13
9:11わたしはキリストにあって真実を語り、偽りを語りません.わたしの2良心は、聖霊の中でわたしと共に、
9:2わたしが、心の中に大いなる悲しみと、絶え間のない痛みを持っていることを、証ししています。
9:3わたしは、わたしの兄弟たちである肉による同族のためなら、わたし自身が1のろわれて、キリストから引き離されることを願うほどです.
9:4彼らはイスラエル人であって、1子たる身分も、栄光も、諸契約も、律法の授与も、2奉仕も、3約束も彼らのものであり、
9:5父祖たちも彼らのものであり、肉によれば、キリストは彼らから出られたのです.は万物の上にいまし、永遠にほめたたえられる1です。アーメン。
9:6しかし、の言が無効になったというのではありません.なぜなら、1イスラエルから出た者がすべてイスラエルなのではなく、
9:7また彼らがアブラハムの子孫であるからといって、すべてが子供ではないからです.むしろ、「1イサクから出る者が、あなたの子孫と呼ばれる」.
9:8すなわち、肉の子供がの子供たちではなく、約束の子供が子孫と勘定されるのです。
9:9約束の言はこうです、「来年のこの時、わたしは来る.そしてサラは男の子を産む」。
9:10それだけではなく、リベカも、一人の人、すなわち、わたしたちの父イサクによって身ごもった時、
9:11子供たちがまだ生まれておらず、善も悪も行なっていないのに(の選びの1目的が、わざからではなく、召すから行なわれるために)、
9:12「大なる者が小なる者に1仕える」と、彼女に言われたのです.
9:13それは、「わたしはヤコブを愛したが、エサウを憎んだ」と書かれているとおりです。

2

神のあわれみにより――9:14-18
9:14それでは、わたしたちは何と言いましょうか? の側に不義があるのでしょうか? 絶対に違います!
9:15なぜなら、はモーセに言っておられるからです、「1わたし自分2あわれもう1とする者をあわれみ、2慈しもうとする者を慈しむ」。
9:16ですから、それは人が決意することによるのではなく、走ることによるのでもなく、があわれみを示されることによるのです。
9:17聖書はパロに言っています、「わたしはこの事のために、あなたを起こしたのである.それは、わたしがあなたにおいてわたしの力を現し、またわたしの名が全地に告げ知らされるためである」。
9:18ですから、ご自分があわれもうとする者をあわれみ、かたくなにしようとする者をかたくなにされるのです。

3

神の主権により――9:19-29
9:19すると、あなたはわたしに言うでしょう、「なぜはなおも、過ちを指摘されるのですか? みこころを拒むことが、だれにできましょうか?」
9:20しかし人よ,あなたは何者なので,に口答えするのですか? 形造られたものが、それを形造った者に向かって、「なぜあなたは、わたしをこのように造ったのか?」と言えるでしょうか?
9:21それとも陶器師は土くれに対して、同じかたまりから一つを1尊い器に、もう一つを卑しい器に、造る権威を持っていないのですか?
9:22そして、もしの激怒を現し、の力を知らせようと願いつつも、滅亡にふさわしい激怒の器を、大いなる辛抱強さをもって耐え忍ばれたとしたら、
9:23しかも、1栄光へとあらかじめ用意しておられたあわれみの器に、の栄光の豊富を知らせようとされたとすれば、どうなのですか?
9:24はわたしたちさえ、ユダヤ人の間からだけでなく、異邦人の間からも召されたのです。
9:25はまたホセア書でも言っておられます、「わたしは、わたしの民でなかった者をわたしの民と呼び、愛されなかった者を、愛される者と呼ぶ.
9:26あなたがたはわたしの民ではない、と言われたその場所で、彼らは生けるの子たちと呼ばれるようになる」。
9:27またイザヤはイスラエルについて叫んでいます、「たとえ、イスラエルの子たちの数が海の砂のようであっても、救われるのは残された者[レムナント]である
9:28なぜなら、は地上での言を執行し、それを成し遂げ、速やかに行なわれるからである」。
9:29またイザヤがかねて言ったとおり、「もし万軍のが、わたしたちに種を残されなかったとしたら、わたしたちはソドムのようになり、ゴモラのようにされたであろう」。

4

信仰による義を通して――9:30―10:3
9:30それでは、わたしたちは何と言いましょうか? 義を追い求めなかった異邦人は、義を捕らえました.しかも信仰による義です.
9:31しかし、イスラエルは義の律法を追い求めたのに、その律法に到達しませんでした。
9:32なぜでしょうか? それは信仰によってではなく、行ないによるかのように求めたからです。彼らはつまずきの石につまずいたのです.
9:33こう書き記されているとおりです、「見よ、わたしはシオンにつまずきの石、妨げの岩を置いた.に信頼する者は、辱められることがない」。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙