オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙

アウトライン


コリント人への第一の手紙 第 十三 章

<前の章 次の章>

E

賜物を活用するための卓越した道――13:1-13

1

愛の必要――1-3節
13:1たとえわたしが人や天使の異言で語ったとしても、愛がなければ、わたしは1鳴り響く鐘や1騒がしいシンバルになってしまいます。
13:2たとえわたしに預言の賜物があって、すべての奥義とすべての知識を知っているとしても、たとえ山々を移すほどの十分な信仰を持っているとしても、愛がなければわたしは無です。
13:3たとえわたしが自分の持ち物のすべてを施して、人を養うとしても、たとえ2わたしが誉れを得ようとして、自分の体を1引き渡すとしても、愛がなければ何の益にもなりません。

2

愛の定義――4-7節
13:41愛は辛抱強く、愛は親切です.それはねたみません。愛は誇ることがなく、思い上がることもありません.
13:5それは無作法をしません.また自分の利益を求めません.それはいらだちません.また人の悪を数えたてません.
13:6それは1不義のものを喜ばないで、1真理と共に喜びます.
13:7それはすべてを1覆い、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐え忍びます。

3

愛の卓越性――8-13節
13:8愛は1決して絶えることがありません。しかし、預言であれば、それはすたれ、異言であれば、それはやみ、知識であれば、それはすたれます。
13:9なぜなら、わたしたちが知るのは部分的であり、預言するのも部分的であるからです.
13:10しかし、1,2全きものが来る時には、3部分的なものはすたれます。
13:111わたしは2子供であった時には、子供のように語り、子供のように考え、子供のように3論じました.4わたしが大人になってからは、子供じみた事柄を捨て去ってしまいました。
13:121今のところ、わたしたちは2鏡で3おぼろげに見ているだけですが、4かの時には、顔と顔を合わせて見るようになります.1今のところ、わたしは部分的に知っているだけですが、4かの時には、わたしが完全に知られているのと同じように、わたしは完全に知るようになります。
13:13こういうわけで、永存するものは、1信仰、希望、愛、この三つです.そして、その中で最も大いなるものは愛です。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-コリント人への第一の手紙