オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙

アウトライン


コリント人への第一の手紙 第 十四 章

<前の章 次の章>

F

預言することの卓越性――14:1-25

1

召会をさらに建造する――1-19節
14:11愛を追い求めなさい.また霊の賜物を、特にあなたがたが3預言することを、2熱心に願い求めなさい。
14:21異言で語る者は、人にではなくに語ります.なぜなら、だれも聞き取れる者はなく、彼はただ自分の霊の中で奥義を語るからです。
14:3ところが預言する者は、1建造と励ましと慰めを、人に語るのです。
14:4異言で語る者は自分自身を建造しますが、預言する者は1召会を建造します。
14:5わたしは、あなたがたがみな異言で語ることを願いますが、特に、あなたがたに預言してもらいたいのです.自分で解釈するのでなければ、召会が建造されるためには、異言で語る者よりも、預言する者のほうが1まさっています。
14:6ですから、兄弟たちよ、たとえわたしが、あなたがたの所へ行って異言で語るとしても、あなたがたに啓示か、知識か、予言か、あるいは教えかによって語るのでなければ、あなたがたに何の益となるでしょう?
14:7しかも、笛であれ竪琴であれ、1命のない物が音を出すとき、その2音色に区別がなければ、その笛や竪琴で何が演奏されているのか、どうしてわかるでしょう?
14:8さらに、もしラッパが不確かな音を出すなら、だれが戦闘の準備をするでしょう?
14:9そのようにあなたがたも、舌をもって話す言が、理解しやすいものでなければ、何を言っているのか、どうしてわかってもらえるでしょうか? そうであれば、あなたがたは空気に向かって語っていることになります。
14:10この世には多くの種類の1音声があるかもしれませんが、一つとして2意味のないものはありません。
14:11ですから、もしわたしがその音声の1意味を理解しないなら、語っている人にとってわたしは2外国人であり、わたしにとって語っている人も2外国人です。
14:12そこであなたがたは、1霊について熱心なのですから、3召会の建造のために、2卓越するように求めなさい。
14:13こういうわけで、異言で語る者は、解釈できるように祈りなさい。
14:14なぜなら、もしわたしが異言で祈るなら、わたしの1霊は祈っていても、わたしの1知性は実を結ばないからです。
14:15それではどうなのですか? わたしは霊で祈り、1知性2でも祈りましょう.わたしは霊で歌い、1知性2でも歌いましょう。
14:16そうでないと、もしあなたが霊をもって祝福しても、あなたの言っていることがわからなければ、異言の1通じない人たちの席に着いている者は、あなたのささげる感謝に、どうして2アーメンを言うでしょうか?
14:17なぜなら、あなたが立派に感謝をささげても、他の人は1建造されることがないからです。
14:18わたしは、あなたがたのだれよりも多く異言で語ることを、に感謝しています.
14:19ところが召会の中で、他の人をも教えるために、わたしは1一万の言を異言で語るよりも、2知性をもって1五つの言を語りたいのです。

2

人に罪をさらに意識させる――20-25節
14:20兄弟たちよ、あなたがたは2理解力において1子供であってはなりません.悪意においては赤子のようであっても、2理解力では3完全に成長した人でありなさい。
14:211律法にはこう記されています、「2異国の舌によって、異国の唇をもって、わたしはこの民に語るが、それでも、彼らはわたしに聞こうとしない、とは言われる」。
14:221ですから、異言は信者にではなく、未信者に対するしるしですが、預言は未信者にではなく、信者に対するしるしです
14:23こういうわけで、召会全体が一つ所に集まり、そして1全員が異言で語っている所へ、異言の通じない人や未信者が入ってくるなら、あなたがたは2気が違っていると、彼らは言わないでしょうか?
14:24ところが、1全員が預言している所へ、未信者や異言の通じない人が入ってくると、彼はすべての者によって2罪を意識させられ、すべての者によって2調べられ、
14:25その心の秘密があらわになり、こうして彼はひれ伏して、1を礼拝し、まことに1はあなたがたの間におられる、と言い表すでしょう。

G

召会の中で機能する――14:26-40

1

それぞれの人について――26節
14:26それでは兄弟たちよ、どうなのですか? あなたがたがいつも集まるときには、それぞれの人に詩が1あり、教えがあり、啓示があり、異言があり、解釈があります。すべての事を、2建造のために行ないなさい。

2

異言で語ることについて――27-28節
14:27もしだれかが異言で語るなら、二人、あるいは多くても三人が順番に語り、そして一人が解釈すべきです.
14:28もし解釈する者がいないなら、彼は1召会の中では黙っていて、自分自身に、またに向かって語るべきです。

3

預言することについて――29-33節前半
14:29預言者の場合も、二人または三人が語り、そして他の人たちはそれを1吟味しなさい。
14:30しかし、もし、そばに座っている他の者に何かが啓示されるなら、最初の者は黙らなければなりません。
14:31なぜなら、1あなたがたはみな一人ずつ預言することができるからであり、それはすべての人が学び、すべての人が2励まされるためです。
14:32そして1預言者の霊は、預言者に服従します.
14:33なぜなら、は混乱のではなく、1平和のだからです。

4

女たちについて――33節後半-38節
14:332聖徒たちのすべての3召会でそうであるように、
14:34女たちは、1召会の中では黙っているべきです.なぜなら、彼女たちには2語ることが許されていないからです.3律法でも言っているように、むしろ彼女たちは服従しなければなりません。
14:35もし彼女たちが何かを学びたいなら、家で自分の夫に尋ねなさい.女が召会の中で語るのは恥だからです。
14:36それともの言は、あなたがたから出て来たのでしょうか? あるいは、1あなたがたにだけ臨んだのでしょうか?
14:37だれでも自分は1預言者、あるいは霊のであると思うなら、わたしがあなたがたに書いていることが2の命令であると、十分に知りなさい。
14:38しかし、だれかがこれに無知であるなら、無知であるに任せなさい。

5

結論――39-40節
14:39ですから、わたしの兄弟たちよ、1預言することを熱心に願い求めなさい.また1異言で語ることを禁じてはいけません。
14:40しかし、すべての事は1適切に、1秩序正しく行なわれなければなりません。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-コリント人への第一の手紙