オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙

アウトライン


コリント人への第一の手紙 第 二 章

<前の章 次の章>

B

十字架につけられたキリストは、使徒の務めの中心である――2:1-16

1

使徒の務めの方法――1-5節
2:1さて兄弟たちよ、わたしはあなたがたの所へ行った時、1すぐれた言や知恵によって、2奥義を告げ知らせたのではありません。
2:2なぜなら、わたしはあなたがたの間では2イエス・キリスト、しかも2十字架につけられたこののほかは、1何も知るまいと決心したからです。
2:3わたしはあなたがたと共にいた時、1弱く、2恐れ、ひどくおののいていました.
2:4そして、わたしの言もわたしの宣べ伝えも、知恵の1説得力のある言によらないで、その霊と力の実証によりました.
2:5それは、あなたがたの信仰が、2人の知恵の中にではなく、の力の中で1立つようになるためです。

2

奥義の中の神の知恵――神の深い事柄としてのキリスト――6-10節
2:6しかしわたしたちは、成人した者たちの間では知恵を語ります.しかもそれは、この時代の知恵ではなく、また1無に帰せられていくこの時代の支配者たちの知恵でもありません.
2:7わたしたちが語るのは、奥義の中の1知恵、すなわち隠されてきた知恵です.それは、わたしたちの3栄光のために、2もろもろの時代の前にがあらかじめ定められたものです.
2:8この知恵を、この時代の支配者たちは、だれ一人知りませんでした.もし知っていたなら、彼らは栄光のを十字架につけはしなかったでしょう.
2:9このように書かれているとおりです、「1目が見たこともなく、耳が聞いたこともなく、人の心2に思い浮かんだことのないものを、ご自身3愛する者たちのために備えてくださった」。
2:10はわたしたちに、その霊を通してそれらを1啓示されました.その霊はすべての事柄、3の深みさえも2探られるからです。

3

霊の人に対しては、霊の事柄を霊の言葉で解釈する――11-16節
2:11いったい人の事柄は、人の中にある1人の霊のほかに、人の間でだれが知っているでしょうか? 同じように、の事柄も、のほかにはだれも知りません。
2:12ところがわたしたちは、この世の霊ではなく、からのその霊1受けたのです.それは、によってわたしたちに、恵み深く与えられた事柄を、わたしたちが知るためです.
2:13わたしたちがそれらの事柄を語るのは、人の知恵によって教えられた言ではなく、その霊によって教えられた言であり、霊の事柄を2の言1解釈するのです。
2:141しかし2魂の人は、3の事柄を受け入れません.なぜなら、彼にとって、それは愚かであるからです.また彼は、それを4知ることができません.それは、6霊によって5識別されるものだからです。
2:15しかし1霊の人は、すべての事柄を識別しますが、彼自身はだれにも識別されません。
2:16だれがの思いを知って、に教えるでしょうか? しかしわたしたちは、1キリストの思いを持っています。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-コリント人への第一の手紙