オンライン聖書―回復訳─テモテへの第一の手紙オンライン聖書―回復訳─テモテへの第一の手紙

アウトライン


テモテへの第一の手紙 第 三 章

<前の章 次の章>

VI

召会の行政のための監督たちと執事たち――3:1-13
3:1人が2監督職を1熱心に求めるなら、彼は良いわざを願うのである、というこの言は信実です。
3:2ですから1監督は、2非難されることがなく、3一人の妻の夫であり、4節度を守り、5冷静な思いを持ち、6規律正しく、7客をよくもてなし、8よく教え、
3:31過度に酒を飲まず、2人を打たず、むしろ3寛容であり、4論争的でなく、5金銭を愛することなく、
3:4自分の家庭を1よく治め、あらゆることで2謹厳をもって子供たちを従わせる者でなければなりません.
3:5(自分自身の家庭を治めることを知らない者が、どうしての召会を顧みることができるでしょうか?)
3:6監督は、1初信者であってはいけません.彼が高ぶって2盲目になり、3悪魔が受けた裁きに陥ることがないためです。
3:7また、2外部の人たちにも1良い証しがなければなりません.それは、彼がそしりと4悪魔の3わなに陥ることがないためです。
3:81執事たちも同じように謹厳であり、2二枚舌ではなく、3大酒を飲まず、4卑しい利得をむさぼらず、
3:92純粋な良心をもって、その1信仰の奥義を保っていなければなりません
3:10これらの人たちは、まず1テストされて、3非難されるところがなければ、それから2奉仕に就かせなさい。
3:111女たちも同じように謹厳であり、2人をそしらず、3節度を守り、4あらゆる事柄に忠信でなければなりません
3:12執事たちは1一人の妻の夫であり、自分の子供たちと家庭をよく2治めていなければなりません。
3:13というのは、よく1奉仕する者は自分自身に良い2足場を得、そしてキリスト・イエスにある信仰の上で、3大いに大胆になるからです。

VII

召会の機能――生ける神の家と、真理の柱また基礎――3:14-16
3:14わたしは間もなくあなたの所へ行くことを望みながら、これらのことを書いています。
3:15それは、もしわたしが遅れた場合、2家の中で1どのように振る舞うべきかを、あなたに知ってもらうためです.の家とは3生けるの召会であって、5真理の4柱また基礎です。
3:16そして1確かに、偉大なのは2敬虔の奥義です.
 3このは肉体において4現され、
 その霊において5義とされ、
 6御使いたちに見られ、
 7諸国民の間に宣べ伝えられ、
 8この世で信じられ、
 9栄光のうちに上げられた。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-テモテへの第一の手紙