オンライン聖書―回復訳─テトスへの手紙オンライン聖書―回復訳─テトスへの手紙

アウトライン


テトスへの手紙 第 一 章

<前の章 次の章>
筆者: 使徒パウロ(1:1)。
執筆年代: A.D.65年ごろ、パウロがローマで最初に投獄され釈放された後、クレテを通過してニコポリに着いた時(1:5.3:12)。
執筆場所: ニコポリ(参照、1:5.3:12)。
受取人: テトス(1:4)。
主題:召会の秩序の維持

I

序言――1:1-4
1:1の奴隷、またイエス・キリストの使徒であるパウロから.わたしが使徒とされたのは、2選ばれた人たちのその1信仰と、4敬虔に合う3真理の全き知識にしたがい、
1:22永遠の命の1望みに基づいています.この永遠の命を、偽ることのできないは、4永遠の時の前に3約束されましたが、
1:31適切な時に、宣べ伝えによって、2の言を明らかにされました.わたしはその宣べ伝えを、であるわたしたちの救い主3命令によって託されたのです.
1:41共通の信仰によるまことの子供、テトスへ.なるとわたしたちの救い主キリスト・イエスから、恵みと平安があなたにありますように。

II

召会の中に権威を確立する――1:5-9
1:5わたしがあなたをクレテに残してきたのは、あなたが残っている事柄を整理し、またあなたに指示したとおり、1都市ごとに長老たちを任命するためです.
1:6長老は非難されるところがなく、1一人の妻の夫であって、その子供たちは、放蕩や不従順を訴えられることがない信者でなければなりません。
1:7というのは、1監督はの執事として、非難されるところがなく、わがままでなく、2短気でなく、3過度に酒を飲まず、4人を打たず、5卑しい利得をむさぼらない者であるべきだからです.
1:8むしろ1客をよくもてなし、善を愛する者であり、2冷静な思いを持ち、義しく、3聖く、自制心があり、
1:93使徒たちの教えにかなっている2信実な言を1守る者でなければなりません.それは、彼が4健康な教えによって、勧めることも、6反対者に5非を認めさせることもできるためです。

III

ユダヤ教とグノーシス主義の影響を取り扱う――1:10-16
1:10というのは、多くの不従順な者、無駄話をする者、欺く者が、特に1割礼の者たちの中にいるからです.
1:11彼らの口は1封じられなければなりません.彼らは2卑しい利得のために、教えてはならない事を教え、家々で家族全体を覆しています。
1:121クレテ人のうちの一人、彼ら自身の2預言者が言っています、「クレテ人はいつもうそつき、悪いけだもの、怠け者の3食いしんぼうである」。
1:13この証言は当たっています.ですから、彼らを2厳しく1責めて、彼らがその4信仰において3健康になり、
1:14ユダヤ人の1作り話や、4真理から3それている者たちの2戒めに、気を取られたりしないようにさせなさい。
1:15清い者には、1すべてのものが清いのです.しかし、2汚れていて不信仰な者には、清いものは何一つなく、彼らの3思いと彼らの良心はいずれも汚れています。
1:16彼らはを知っていると1公言しながら、その行ないでは、否んでおり、憎むべきもの、不従順なものであって、あらゆる良いわざについては2不適格です。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-テトスへの手紙