聖書セミナー2021年10月16日(土)開催
オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙

アウトライン


ヘブル人への手紙 第 十 章

<前の章 次の章>
10:1律法は、来たるべきすばらしい事柄の影を持っていますが、その事柄のかたちそのものではないので、年ごとに絶えずささげる同じいけにえによって近づく人たちを、完全にすることは決してできません。
10:2もしできるとしたら、礼拝している者たちは、一度きよめられると、もはや1罪の意識がなくなるはずですから、それらがささげられることは、やんだのではないでしょうか?
10:3ところが、それらのいけにえによって、年ごとに罪が思い出されるのです.
10:4なぜなら、雄牛とやぎの血は、罪を取り除くことができないからです。
10:5こういうわけで、は世に入って来て言われます、「あなたはいけにえやささげ物を望まないで、わたしのために体を備えてくださいました。
10:6全焼のささげ物と1罪のためのいけにえを、あなたは喜ばれませんでした。
10:7その時わたしは言いました、『見よ、(その書の1巻物の中にわたしについて書かれている)あなた2みこころを行なうために、よ、わたしは来ました』」。
10:8初めに言われます、「あなたは、いけにえとささげ物と全焼のささげ物と罪のためのいけにえとを望みもせず、喜ばれもしませんでした」(それらは律法にしたがってささげられます).
10:9または、「見よ、あなたのみこころを行なうために、わたしは来ました」と言われました。1第二のものを打ち立てるために、1第一のものを取り去られます.
10:10そのみこころによって、イエス・キリストの体が1一度限りささげられたことを通して、わたしたちは聖別されたのです。
10:11すべての祭司は日ごとに1立って仕え、いけにえを何度も同じようにささげますが、それらは決して2罪を取り除くことができません.
10:12しかし、このは、1罪のために一つのいけにえをささげて、2永遠にの右に3座り、
10:13その後、の敵どもがの足台とされるまで待っておられます。
10:14なぜなら、一つのささげ物によって、は聖別されつつある者たちを、永遠に1完成されたからです。
10:15そして聖霊も、わたしたちに証しをして言われました、
10:16「それらの日の後に、わたしが彼らと結ぶ契約はこれであるとは言われる.わたしわたしの律法を彼らの心に分け与え、それを彼らの思いに書き記す」.
10:17それからは言われます、「わたしはもはや彼らの1罪と不法を決して思い出さない」。
10:18今や、これらの赦しがあるところに、もはや1罪のためのささげ物はありません。


(第四の警告――至聖所に進み出る、そしてユダヤ教に退いてはいけない――10:19-39)
10:19こういうわけで、兄弟たちよ、わたしたちはイエスの血によって、大胆に1聖所へ入ります.
10:20それは、がわたしたちのために、の肉体である2幕を通して、1新しい生きた道を開いてくださったからです.
10:21また、の家をつかさどる大いなる祭司おられるのですから、
10:22わたしたちの心はすすがれて邪悪な良心から離れ、2体は清い水で洗われ、真実な心で、信仰の全き確信をもって、1聖所に進み出ようではありませんか。
10:23わたしたちの揺るがない望みの告白を、堅く保持しようではありませんか.なぜなら、約束されたは信実であるからです.
10:24また互いに顧みて、愛と良いわざに励み合おうではありませんか.
10:25ある人たちの習慣に倣って、わたしたち自身の2集会を1やめることなく、互いに勧め合いましょう.かの日が近づいているのを見ているのですから、ますますそうしようではありませんか。
10:26なぜなら、わたしたちが2真理の知識を受けた後、1故意に罪を犯すなら、3罪のための雄牛ややぎのいけにえは4もはやなく、
10:27ただ裁きと、敵どもを焼き尽くそうとする烈火を、恐れながら待つだけだからです。
10:28だれでもモーセの律法をないがしろにした者は、二、三人の証人の証言に基づいて、あわれみを受けることなく死にます。
10:29まして御子2踏みにじり、自分を聖別した契約の血を3俗なものと考え、恵みの4侮った者は、どれほどの1重い刑罰に値すると思いますか?
10:30というのは、「1復讐はわたしのものである.わたしが報復する」と言われ、さらに、「の民を裁かれる」と言われたを、わたしたちは知っているからです。
10:31生けるの御手に陥るのは、恐ろしいことです。
10:32しかし、以前の日々を思い起こしてください.その時あなたがたは照らされ、苦難の中で大きな戦いに耐え、
10:33時には、そしりと患難の中で1見せ物にされ、時には、同じことをされた人たちの仲間になりました。
10:34というのは、あなたがたは捕らわれの身にある人たちに同情し、また、1さらにまさった、いつまでも残る財産を持っていることを知っていたので、自分の財産を奪われるのを、喜んで受け入れたからです。
10:35こういうわけで、あなたがたの大胆さを投げ捨ててはなりません.それには大いなる1褒賞があります。
10:36あなたがたが1のみこころを行なって、2約束を受けるためには、忍耐が必要です。
10:37「もうしばらくすれば、来たるべきが来られる.遅れることはない。
10:38しかし、わたしの義人は1信仰によって生きる.もし彼が退くなら、わたしの魂は彼を喜ばない」。
10:39しかし、わたしたちは、1退いて2崩壊に至る者ではなく、信仰を持って3魂を獲得するに至る者です。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヘブル人への手紙