オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙

アウトライン


ヘブル人への手紙 第 四 章

<前の章 次の章>
4:1こういうわけで、わたしたちは畏れようではありませんか.1安息へ入る約束が残されているのに、あなたがたのうちで、2それに3達しないと思われる者がだれもいないようにしましょう。
4:2というのは、わたしたちにも、彼らと同じように、福音が宣べ伝えられているからです.ところが、その聞いた言は、彼らにとって益となりませんでした.それが聞いた者たちの中で、1信仰と混ぜ合わされなかったからです。
4:3さて信じたわたしたちは、その安息へ入るのです.創造のみわざは、世の基が置かれた時から完成していたのですが、「わたしは激怒して誓ったように、彼らを決してわたしの安息へ入らせることはしない!」とが言われたとおりです。
4:4はある箇所で、七日目についてこう言っておられます、「こうしては、第七日にのすべてのわざを休まれた」。
4:5そしてまたこの箇所で、「彼らを決してわたしの安息へ入らせることはしない!」と言っておられます。
4:6こういうわけで、ある人々が安息へ入ることが、まだ残されているのです.前に福音が宣べ伝えられたのに、彼らは1不従順のゆえに入らなかったのですから、
4:7は再びある日を今日と定めて、長い時を経てから、前にが言われたように、「今日、あなたがたがの御声を聞くなら、心をかたくなにしてはならない」と、ダビデを通して言っておられるのです。
4:8もし1ヨシュアが彼らを安息にもたらしていたなら、これらの事柄の後に、2別の日について、語られはしませんでした。
4:9こういうわけで、ある1安息日の安息が、の民のために、まだ残されているのです。
4:10なぜなら、の安息に入った者は、ご自身のわざを休まれたように、自分のわざを休んだからです。
4:11こういうわけで、その安息に入るように、努め励もうではありませんか.3不従順の同じ例に2倣って、だれも1落ちていくことのないようにしましょう。
4:12なぜなら、1言は生きていて活動しており、どんなもろ刃の剣よりも鋭く、2魂と霊、関節と骨髄を切り離すまでに刺し通して、心の3思いと意図を識別することができるからです。
4:13そして造られたものは、の御前に一つとしてあらわでないものがないばかりか、すべての事は、わたしたちが言い開きをすべきの目に、裸であらわにされているのです。

C

アロンにまさっている――4:14―7:28

1

メルキゼデクの位による大祭司――4:14―5:10
4:14こういうわけで、わたしたちは、3天を通って行かれた1大いなる2大祭司御子イエスを持っているのですから、その4告白をしっかりと保持しようではありませんか。
4:15わたしたちの大祭司は、わたしたちの弱さに同情することのできないではなく、罪のないことは別にして、すべての面でわたしたちと同じように試みられたのです。
4:16ですから、わたしたちが2あわれみを受け、また時機を得た助けとなる恵みを得るために、大胆に、恵みの1御座に進み出ようではありませんか。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヘブル人への手紙