オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙

アウトライン


ヘブル人への手紙 第 五 章

<前の章 次の章>
5:1大祭司はすべて、人々の間から選ばれ、1供え物と2罪のための1いけにえの両方をささげるように、人々に代わって、にかかわる事柄のために立てられています。
5:2彼は、自分も弱さを身にまとっているので、無知な迷っている者を、1思いやることができます.
5:3それゆえに、彼は民のためだけでなく、自分自身のためにも1罪のために、ささげ物をしなければなりません。
5:4まただれも、その誉れを自分自身で得るのではなく、アロンもそうであったように、に召されて受けるのです。
5:5そのように、キリストも、大祭司となる1栄誉をご自分で得られたのではなく、「あなたわたしである.今日わたし2あなたを生んだ」と、に言われたから与えられたのです
5:6または、別の箇所で言っておられます、「1あなた2メルキゼデクの位による永遠の祭司である」。
5:7このは、肉体にあった日、激しい叫びと涙をもって、1死から救うことのできるに祈りと嘆願をささげ、そして2敬虔のゆえに、聞き入れられたのです.
5:8御子であられたのに、受けた苦しみによって1従順を学ばれました。
5:9そして1完成されたので、に従うすべての者にとって、3永遠の救いの2源となり、
5:10によって、メルキゼデクの位による大祭司1呼ばれたのです。


(第三の警告――円熟にもたらされる――5:11―6:20)
5:11そのについて、わたしたちには言うべきことが多くありますが、解き明かすのは困難です.なぜなら、あなたがたは聞くことに鈍くなっているからです。
5:12時間の上では、あなたがたは教える者であるはずなのに、2言の1初歩的な基本を、もう一度だれかに教えてもらう必要があります.そして固い食物ではなく、3乳を必要とする者になっています。
5:13すべて1乳にあずかっている者は、幼子ですから、1義の言に経験がありません.
5:14しかし、固い食物は成人した者たちのためです.彼らは訓練の結果、その1機能が活用されて、2善悪を識別することができるのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヘブル人への手紙