オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙

アウトライン


ヘブル人への手紙 第 六 章

<前の章 次の章>
6:1こういうわけで、1キリスト2初歩的な言を後にして、再び基礎を据えることをしないで、4円熟に3もたらされようではありませんか.その基礎とは、死んだわざの悔い改めとへの信仰、
6:21種々の浸し洗いの教えと按手、死人の復活と永遠の裁きです。
6:3が許されるなら、わたしたちは1そのように行ないます。
6:4なぜなら、一度照らされ、1天の賜物を味わい、2聖霊にあずかる者となり、
6:5の良い1言葉と、来たるべき時代の2力を味わいながら、
6:6しかも1それてしまう者たちは、自ら御子を再び2十字架につけ、2さらし者とするのですから、もう一度新たに悔い改めることは3不可能です。
6:7例えば、地がその上にしばしば臨む1雨を2吸い込んで、それを耕している人たちのために役立つ3野菜を生えさせるなら、からの祝福にあずかります。
6:8しかし、1いばらやあざみを生えさせるなら、それは2無用になり、3のろいに近く、最後には4焼かれてしまいます。
6:9しかし、愛する者たちよ、こうは言うものの、わたしたちは、あなたがたについてさらに良い事柄と、1,2救いに属する事柄を確信しています。
6:10は、不義ではないので、あなたがたがかつて聖徒たちに1仕え、今もなお仕えて、御名に対して示してきたあなたがたの働きと愛を、忘れることはありません。
6:11しかし、わたしたちが切に願うのは、あなたがためいめいが同じ勤勉さを現し、望みに対して最後まで十分な確信を持ち、
6:121怠惰になることなく、信仰と辛抱強さによって約束を相続しようとしている人たちに、倣う者となることです。
6:13はアブラハムに約束された時、誓うべきさらに大いなる者がなかったので、ご自身によって誓い、
6:14言われました、「わたしは必ずあなたを大いに祝福し、またあなたを大いに増やす」.
6:15こうして、アブラハムは辛抱強く耐え忍んだので、約束を得ました。
6:16人はさらに大いなる者によって誓うのであり、誓いは、人々の間のすべての論争を終わらせる保証となります。
6:17こういうわけで、のご計画の不変であることを、約束の相続人に一層明らかに示そうとして、誓いによって介入されました.
6:18それは、が偽ることのできなかった1二つの変わることのない事柄によって、前に置かれた望みを捕らえようとして3避難所に2逃れてきたわたしたちが、力強い励ましを受けるためです.
6:19わたしたちが持っているこの望みは、安全で確固とした魂の1錨であり、2幕の内側に入って行くものです.
6:20そこに1先駆者イエスはわたしたちのために入り、永遠にメルキゼデクの位による大祭司となっておられるのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヘブル人への手紙