オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙オンライン聖書―回復訳─ヘブル人への手紙

アウトライン


ヘブル人への手紙 第 九 章

<前の章 次の章>

2

さらに大いなる、さらに完全な幕屋を伴う、さらにまさったいけにえと、さらにまさった血――9:1―10:18
9:1さて、第一の契約にも、礼拝の規定と、この世に属する1聖なる幕屋がありました。
9:2すなわち、第一の幕屋が備えられ、その中には、燭台と机とパンとが置かれ、それは聖所と呼ばれています.
9:3また第二の幕の後ろにある幕屋は、至聖所と呼ばれています.
9:4そこには1金の2香壇と、全面、金で覆われた契約の箱があって、その中には、マナが入っている3金のつぼと、芽を出したアロンの杖と、契約の板とがありました.
9:5その箱の上では、栄光のケルビムが1なだめの場所を覆っていました.それについては、今詳しく語る時間がありません。
9:6さて、これらの物がこのように備えられ、祭司たちはいつも第一の幕屋へ入って、礼拝を成し遂げていました.
9:7しかし、第二の幕屋へは、大祭司だけが一年に一度入りますが、自分自身のためと、民が1知らずに犯した罪のためにささげる血を携えないで、入って行ったのではありません.
9:8聖霊これによって、第一の幕屋がまだ存続している間は、1聖所への道がまだ現されていないことを見せています.
9:9それは現在の時に対する1比喩です。この幕屋にしたがって、2供え物といけにえの両方がささげられるのですが、それらは良心について言えば、礼拝する者を完成することができません.
9:10それらは、ただ食物や飲み物やさまざまな1洗いごとから成っており2改革の時まで課せられている肉の規定にすぎません。
9:11しかし、キリストが来て、1すでに臨んでいるすばらしい事柄の大祭司となられ、手で造られたのではない、すなわち、この創造に属するものではない、さらに大いなる、さらに完全な幕屋を通して、
9:12やぎや子牛の血を通してではなく、ご自身の血を通して、一度限り聖所へと入り、2永遠の贖いを1獲得されたのです。
9:13というのは、もしやぎと雄牛の血、また雌牛の灰が、1汚れた者たちに振りかけられて、彼らを聖別し、肉をきよめるとしたら、
9:14まして、キリスト2永遠の霊を通して、傷のないご自身にささげられた1その血は、なおさら3わたしたちの良心をきよめて、4死んだわざから離れさせ、5生けるに仕えるようにさせないでしょうか?
9:15このゆえに、は新しい契約の仲保者なのです.それは、第一の契約の下での1違犯を贖うために、が死を遂げられ、召された者たちが、2永遠の嗣業の約束を受けるためです。
9:16ところで、1遺言がある場合、その遺言を作成した者の死が実証されなければなりません。
9:17というのは、1遺言は2死があってこそ確立するのであって、その遺言を作成した者が生きている時は、何の効力もないからです。
9:18こういうわけで、第一の契約も、血なしに1成立したのではありません.
9:19というのは、あらゆる戒めが律法にしたがい、モーセによって民のすべてに語られた時、彼は水と緋色の羊毛とヒソプと共に、子牛とやぎの血を取って、契約の巻物自体と民のすべてに振りかけ、
9:20「これは、があなたがたに命じられた契約の血である」と言ったからです。
9:21そして彼は、幕屋と礼拝のすべての器にも、同じように血を振りかけました。
9:22こうして、ほとんどすべての物は、律法にしたがって血できよめられます.1血を流すことがなければ、赦しはありません。
9:23こういうわけで、天にある事柄の模型は、これらによってきよめられる必要がありましたが、1天の事柄そのものは、これらよりも2まさったいけにえによって、きよめられなければならないのです。
9:24なぜなら、キリストは、まことのものの2型である、手で造られた1聖所にではなく、天そのものに入られたのであり、今やわたしたちのために、の御顔の前に現れてくださったからです.
9:25それは、大祭司が年ごとに、ほかの被造物の血によって聖所に入るように、がたびたびご自身をささげるためではありません.
9:26もしそうだとしたら、は世の基が置かれて以来、たびたび苦しまなければなりませんでした。ところが今や、1諸時代の終結に当たって、はただ一度、ご自身をいけにえとしてささげ、2罪を取り除くために現されたのです。
9:27そして、人が2一度死ぬことと、その後、裁きが1定められているように、
9:28キリストも、多くの人の1罪を担うために、ただ一度ささげられましたが、を熱心に待ち望む者たちに、二度目に、2罪とは関係なく現れて、3救いを与えられるのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ヘブル人への手紙