オンライン聖書―回復訳─使徒行伝オンライン聖書―回復訳─使徒行伝

アウトライン


使徒行伝 第 二十 章

<前の章 次の章>

c

マケドニヤとギリシャを通過してトロアスへ――20:1-12
20:1騒ぎが収まると、パウロは弟子たちを呼び寄せて彼らを励まし、別れを告げて、1マケドニヤへ出発した。
20:2それから、パウロはそれらの地方を通って、多くの言で彼らに勧めをし、ギリシャに来て、
20:3そこで1三か月過ごした。さてシリヤに向かって出帆しようとした時、彼に対してユダヤ人が陰謀を企てたので、彼はマケドニヤを通って帰ることに2決めた。
20:4そしてプロの子であるベレヤ人ソパテロ、テサロニケ人アリスタルコとセクンド、デルベ人1ガイオ、テモテ、アジア人テキコとトロピモは、彼に同行した。
20:5これらの人たちは先に出発して、トロアスでわたしたちを待っていた。
20:6そしてわたしたちは、種なしパンの祭りの日の後、ピリピから出帆し、五日かかってトロアスで彼らと落ち合い、七日間そこに滞在した。
20:7そして1週の初めの日、2わたしたちがパンをさくために集まった時、パウロは翌日、出発することになっていたので、彼らと語り合った.そして彼のメッセージは夜中まで続いた。
20:8わたしたちが一緒に集まっていた上の部屋には、多くの明かりがともしてあった。
20:9ユテコという名の若者が、窓に座っていたが、パウロの話が長く続くので、深い眠りに陥り始めた.そして眠りこけて、三階から下に落ちてしまった.抱き起こしてみると死んでいた。
20:10パウロは下りて行って彼の上にかがみ込み、抱きかかえて言った、「騒ぐことはない.彼の魂は彼の中にある」。
20:11そして、パウロは上がって行ってパンをさいて1食べてから、夜が明けるまでかなりの時間、語り合った.それから彼は出かけた。
20:12人々は生き返ったその少年を連れて帰り、大いに慰められた。

d

ミレトへ、そこでエペソに在る召会の長老たちと会う――20:13-38
20:13さて、わたしたちは先に出かけて船に乗り、アソスに向けて出帆した.そしてそこからパウロを乗せることにした.パウロがそのように手はずを整えていたのは、自分が徒歩で行くつもりであったからである。
20:14こうして、アソスでパウロと落ち合ったので、わたしたちは彼を乗せてミテレネに着いた。
20:15そこから出帆して、翌日キヨスの沖合いに到着し、次の日に、サモスに寄港した。その翌日、わたしたちはミレトに着いた.
20:16それは、パウロがエペソを船で通り過ぎて、アジアでは時を費やすことがないように決めていたからである.彼はできることなら1ペンテコステの日にはエルサレムにいたかったので、先を急いでいたのである。
20:17そこでパウロは、ミレトからエペソに人を送って、その召会の長老たちを呼んだ。
20:18彼らがパウロの所に来た時、パウロは言った、「わたしがアジアに足を踏み入れた最初の日から、あなたがたと共にあって、わたしが終始どのようであったかを、あなたがたは知っています.
20:19わたしはあらゆるへりくだりと涙をもって、またユダヤ人の陰謀によってわたしに降りかかった試練の中で、に奴隷として仕えてきました.
20:20また、益ある事は何でも、残すことをしないで、あなたがたに言い表し、そして公にも、また家から家でも、あなたがたを教えてきました.
20:21また、への悔い改めと、わたしたちの主イエス21ある信仰を、ユダヤ人にもギリシャ人にも厳かに証ししてきました。
20:22そして今や、見よ、わたしは2霊の中で1縛られて、エルサレムへ行こうとしています.3そこで何に出遭うか、わたしにはわかりません.
20:231ただ聖霊が至る所の町々で、わたしに対して厳かに証しをして告げているのは、縄目と患難がわたしを待っている、ということです。
20:24しかし、わたしが自分の行程と、主イエスから受けた務めを全うして、の恵みの福音を厳かに証しするためには、1自分の2命を尊いとは思いません。
20:25わたしはあなたがたの間を巡回して1王国を宣べ伝えましたが、そのわたしの顔を、あなたがたはだれも2二度と見ることはないと、見よ、わたしは知っています。
20:26ですから1この日、あなたがたに証しします.2わたしはすべての人の血について清いのです.
20:27なぜならわたしは、あなたがたすべてにのみこころを、しりごみすることなく言い表したからです。
20:28あなたがた自身と1群れ全体に気をつけなさい.2は彼らの間に、あなたがたを3監督として立てられ、5ご自身の血を通して獲得されたの召会を4牧させるのです。
20:29わたしが去った後、凶暴なおおかみどもがあなたがたの間に入って来て、羊の群れを1容赦しないことを、わたしは知っています。
20:30また、あなたがた自身の間から、曲がった事柄を語って、弟子たちを1引き離し、自分に従わせようとする者たちが起こるでしょう。
20:31こういうわけで、わたしが三年の間、夜も昼も涙をもって、一人一人を絶えず訓戒してきたことを思い出して、目を覚ましていなさい。
20:32今わたしは、あなたがたを1と、2恵みの言にゆだねます.その言はあなたがたを建て上げ、また4聖別されたすべての人の間で、あなたがたに3嗣業を与えることができます。
20:33わたしは、だれの銀や金や衣服も、むさぼったことはありません。
20:34あなたがた自身が知っているように、この1両手が、わたしの必要のためにも、わたしと共にある人たちのためにも、供給してきました。
20:35このようにわたしたちは労苦して1弱い人たちを支え、また、2『受けるよりは、与えるほうが幸いである』と主イエスの自ら言われた言を記憶しなければならないことを、わたしはすべての事で、あなたがたに模範によって示してきたのです」。
20:36これらの事を語り終えてから、パウロは彼らすべてと共にひざまずいて祈った。
20:37人々はみな激しく泣き、パウロの首を抱いて、愛情を込めて彼に口づけした.
20:38彼らは、もう二度と自分の顔を見ないであろうと言ったパウロの言に、特に心を痛めた。そして、彼らは船まで彼を見送りに行った。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-使徒行伝