オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 十 章

<前の章 次の章>
10:1兄弟たちよ、わたしの心の大いなる喜び、また彼らのためにわたしがに祈り求めているのは、彼らが救われることです。
10:2わたしは、彼らがに対して熱心であると、彼らのために証ししますが、それは全き知識にしたがってではないのです.
10:3なぜなら、彼らはの義について無知であり、1彼ら自身の義を立てることを求めて、の義に服さなかったからです。

5

キリストを通して――10:4-21

a

律法の終わりであるキリスト――4節
10:4キリストは、信じるすべての者を義に至らせる律法の1終わりです。

b

受肉し、復活したキリスト――5-7節
10:5モーセは律法による義について、こう書いています、「それを行なう者は、それによって生きる」。
10:6ところが、信仰による義はこう語っています、「あなたの心の中で,『だれが天に昇るであろうか?』と言ってはならない」.それは、キリスト1引き下ろすことです.
10:7あるいは、「『だれが1アビスに下るであろうか?』と言ってはならない」。それは、キリストを死人の中から2引き上げることです。

c

近くにあるキリスト――8節
10:8それでは何と言っていますか? 「1言葉はあなたに近い.あなたの口の中に、またあなたの心の中にある」.これは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉です.

d

信じられ、呼び求められるキリスト――9-13節
10:9すなわち、あなたが自分の1口で、イエスであると告白し、自分の心で、を死人の中から2復活させたと信じるなら、あなたは救われます.
10:10なぜなら、人は心で信じて義とされ、1口で告白して2救われるからです。
10:11聖書は、「すべてに信頼する者は、辱められることがない」と言っています。
10:12ユダヤ人とギリシャ人の区別はありません.同じが、すべての者のであってを呼び求めるすべての者に、1豊かです.
10:13なぜなら、「1の御名を呼び求める者はすべて2救われる」からです。

e

宣べ伝えられ、聞かれるキリスト――14-15節
10:14それでは、1信じたことのないを、どのように呼び求めるのでしょうか? 2聞いたことのないを、どのように信じるのでしょうか? を宣べ伝える者がいなくては、どのように聞くのでしょうか?
10:15遣わされないのに、どのように宣べ伝えるのでしょうか? 「福音の喜ばしいおとずれを告げ知らせる者の足は、何と麗しいことであろう!」と書かれているとおりです。

f

受け入れられるか、拒否されるかのキリスト――16-21節
10:16しかし、すべての人が1福音に従ったのではありません.イザヤは言っています、「よ、だれがわたしたちから聞いたことを信じましたか?」
10:17ですから、信仰は聞くことから来るのであり、聞くことはキリストの言葉によるのです。
10:18しかしわたしは言います.彼らは聞いたことがなかったのですか? 確かに聞いています.「その声は全地に及び、その言葉は人の住む地の果てにまで及んだ」。
10:19しかしわたしは言います.イスラエルはこのことを知らなかったのですか? まず、モーセは言っています、「わたしは、国民ではない者によってあなたがたにねたみを起こさせ、無知な国民によってあなたがたを怒らせる」。
10:20またイザヤは極めて大胆に言っています、「わたしは、わたしを求めなかった者たちに見いだされ、わたしを尋ね求めなかった者たちに自分を現した」。
10:21しかしイスラエルについて、彼は言います、「わたしは、従わないで言い逆らう民に、一日中わたしの両手を差し伸べていた」。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙