オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 三 章

<前の章 次の章>
3:1それでは、ユダヤ人のすぐれている点は何でしょうか? また割礼の益は何でしょうか?
3:2それは、あらゆる面で多くあります。第一に、彼らにの託宣がゆだねられたことです。
3:3それでは、もしある者が信じなかったとしたら,どうなのですか? 彼らの不信仰は、の信実を無効にするのでしょうか?
3:41絶対に違います! を真実とし、あらゆる人を偽り者としなさい.「それは、あなたあなたの言において2義と言い表され、あなたが人に裁かれるとき勝利を得られるためである」と書かれているとおりです。
3:5わたしは人が話すように語っているのですが、もしわたしたちの不義が、の義を現すとしたら、わたしたちは何と言いましょうか? 激怒を下すは、不義なのですか?
3:6絶対に違います! もしそうだとしたら、はどのようにしてこの世を裁かれるのですか?
3:7しかし、もしわたしの偽りによって1真実があふれて、の栄光になるとしたなら、なぜわたしも罪人として、なおも裁かれるのですか?
3:8むしろ、「善が現れるために、悪を行なおうではないか?」(わたしたちはそう言っているとそしられており、ある者はそう断言しています).彼らが1裁かれるのは当然です。

D

総括的に、この世全体に対して――3:9-20
3:9それではどうなのですか? わたしたちはまさっているのですか? 決してそうではありません! ユダヤ人もギリシャ人もすべて1罪の下にあると、わたしたちはすでに指摘しました.
3:10次のようにも書かれています、「義人はいない、一人もいない.
3:11理解する者はいない.を尋ね求める者はいない。
3:12すべての者はそれてしまい、彼らはことごとく無用になった.1善を行なう者はいない.そのような者は一人もいない。
3:13彼らののどは開いた墓であり、彼らは舌をもって欺く.彼らの唇の下にはまむしの毒がある.
3:14彼らの口はのろいと苦さで満ちている。
3:15彼らの足は血を流すのに速く、
3:16彼らの道には破壊と悲惨がある.
3:17彼らは1平安の道を知らない。
3:18彼らの目にはに対する恐れがない」。
3:19さて、律法が言っている事柄は何であれ、律法の下にある人々に対して語っていることを、わたしたちは知っています.1それはあらゆる口がふさがれて、全世界がの裁きに服するためです.
3:20なぜなら、律法の行ないによっては、いかなる肉も、の御前に義とされないからです.律法によっては、罪の明確な自覚があるだけです。

III

義認――3:21―5:11

A

定義――3:21-31
3:21しかし今や、1律法とは別に、しかも律法と預言者によって、2の義が3明らかにされ、証しされました.
3:22すなわちの義は、1イエス・キリストの信仰を通して、信じるすべての人にもたらされました.そこには何の差別もありません.
3:23なぜなら、すべての人は罪を犯したので、1の栄光に欠けており、
3:242価なしに,の恵みにより、キリストイエスにある3贖いを通して、1義とされるからです.
3:25はこのキリスト・イエス1立てて、2なだめの場所とされました.それはの血により、信仰を通してであって、の義を明らかに示すためです.すなわち、人が以前に犯した罪を、は忍耐をもって3見過ごされましたが、
3:26それは現在の時にの義を明らかに示すためです.こうしてが義であり、また2イエスの信仰の者を1義とされるのです。
3:27それでは、どこに誇ることがあるのですか? 1全くありません。何の法則によってですか? 行ないの法則ですか? そうではなく、信仰の法則によってです。
3:28なぜなら、人が義とされるのは、律法の行ないによるのではなく、信仰によると、わたしたちは勘定するからです。
3:29それともは、ユダヤ人だけのなのですか? は異邦人のでもないのですか? そうです、異邦人のでもあるのです.
3:30は唯一ですから、割礼の者を1信仰のゆえに義とし、また無割礼の者を、1信仰を通して義とされるのです。
3:31それではわたしたちは、信仰を通して律法を無効にするのですか? 絶対に違います! むしろ、わたしたちは律法を確立するのです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙