オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙オンライン聖書―回復訳─ローマ人への手紙

アウトライン


ローマ人への手紙 第 八 章

<前の章 次の章>

D

内住のキリストによる霊の中にある解放――8:1-13

1

命の霊の法則――1-6節
8:1そこで1今や、3キリスト・イエスの中にある者には、2罪定めがありません。
8:2なぜなら、3命の21法則が、キリストイエスの中で、6罪と死の法則から、5わたしを4解放したからです。
8:31律法が肉のゆえに弱くて、2なし得なかったので、は、ご自身御子を罪の3肉の様で、罪のために遣わし、肉において罪を罪定めされました.
8:4それは律法の義の要求が、肉にしたがってではなく、3霊にしたがって2歩くわたしたちにおいて、1満たされるためです。
8:5なぜなら、肉にしたがっている者は、1肉の事柄を思い、2霊にしたがっている者は、3その霊の事柄を思うからです。
8:61肉に付けた思いは2死ですが、3霊に付けた思いは2命と平安です。

2

内住のキリスト――7-13節
8:7なぜなら、肉に付けた思いはに敵対するからです.それはの律法に服従しないし、服従することもできないのです。
8:8また12の中にいる者は、を喜ばせることができません。
8:9しかし、確かに1があなたがたの中に2住んでいるなら、あなたがたは肉の中にいるのではなく、霊の中にいるのです。もし3だれでも4キリストを持たないなら、その人は5キリストのものではありません。
8:10しかし、1キリスト2あなたがたの中におられるなら、3体は罪のゆえに4死んでいても、5霊は7義のゆえに6命です。
8:11そして、イエスを死人の中から復活させた21が、あなたがたの中に3住んでいるなら、キリスト・イエスを死人の中から復活させたは、あなたがたの中に3住んでいるを通して、あなたがたの死ぬべき体にも、4命を与えてくださいます。
8:12ですから、兄弟たちよ、わたしたちは負債者ではありますが、それは、1肉にしたがって生きるという、肉に対するものではありません.
8:13なぜなら、もし肉にしたがって生きるなら、あなたがたは1死ななければならないからです.しかし、その霊によって3体の行ないを2死に渡すなら、あなたがたは生きます。

V

栄光化――8:14-39

A

栄光の相続人――14-27節
8:14なぜなら、21導かれている者はみな、3の子たちであるからです。
8:15あなたがたは、再び恐れを抱かせる奴隷の霊を受けたのではなく、1子たる身分の霊を受けたのであり、この霊の中で、わたしたちは「2アバよ!」と叫ぶのです。
8:16その霊ご自身2わたしたちの霊と1共に、3わたしたちがの子供たちであることを、証ししてくださいます。
8:17そしてもし子供であるなら、相続人でもあります.すなわち、1わたしたちが共に栄光化されるために、共に苦しむなら、わたしたちはの相続人であり、またキリストと共同の相続人です。
8:18なぜなら、現在の時の苦難は、わたしたち2に現される来たるべき栄光とは比べるにも値しないと、わたしは1考えるからです。
8:19被造物は1切なる期待をもって、の子たちの2出現を熱心に待ち望んでいます。
8:20なぜなら、被造物が虚無に服従させられたのは、自分の意志からではなく、それを服従させたによるのであって、
8:21それは被造物自身も、朽ち果てる奴隷状態から1解放されて、の子供たちの栄光の自由に入る望みがあるからです。
8:22全被造物は、今に至るまで共にうめき、共に産みの苦しみをしていることを、わたしたちは知っています。
8:23そればかりではなく、1その霊の初穂を持つわたしたち自身も、自らの内で2うめきながら、3子たる身分、すなわち、わたしたちの体の贖いを、熱心に待ち望んでいるのです。
8:24なぜなら、わたしたちは望みの中で救われたからです。しかし、見える望みは望みではありません.見ているものを、だれが望むでしょうか?
8:25わたしたちが見ていないものを望むとしたら、忍耐してそれを熱心に待ち望むのです。
8:26さらに、1同じように、その霊もわたしたちの2弱さを担って、助けてくださいます.なぜなら、わたしたちはどのように祈ったらよいのかわからないのですが、その霊自ら言い難いうめきをもって、わたしたちのためにとりなしてくださるからです。
8:27心を探られるは、1その霊の思いが何であるかを知っておられます.なぜなら、2にしたがって、聖徒たちのためにとりなしてくださるからです。

B

同形化される相続人――28-30節
8:28また4を愛する者、すなわち、5目的にしたがって召されている者たちには、1すべてが共に2働いて3益となることを、わたしたちは知っています。
8:29なぜなら、1あらかじめ知っておられた者たちを、御子のかたちに3同形化しようと、2あらかじめ定められたからです.それは、御子5多くの兄弟たちの間で4長子となるためです.
8:30そしてはあらかじめ定めた者たちを、さらに召し、そして召した者たちを、さらに1義とし、そして義とした者たちを、さらに2栄光化されました。

C

神の愛から引き離されることのない相続人――31-39節
8:31それでは、これらの事柄に対して、わたしたちは何と言いましょうか? もしがわたしたちの味方であるなら、だれがわたしたちに敵対し得るでしょうか?
8:32ご自身御子をさえ惜しまないで、わたしたちすべてのために御子を渡されたが、どうしてと共に、万物を無代価でわたしたちに賜わらないことがあるでしょうか?
8:33が選ばれた者たちを、だれが訴えるのですか? 1わたしたちを義とされるのです。
8:34だれが罪に定めるのですか? 1キリスト・イエスは死んで、さらに復活させられ、2の右で、わたしたちのために3とりなしておられます。
8:35だれがわたしたちをキリストの愛から引き離すのですか? 患難ですか、苦悩ですか、迫害ですか、飢えですか、裸ですか、危険ですか、剣ですか?
8:36あなたのために、わたしたちは一日中、死に渡されている.わたしたちはほふられる羊と見なされてきた」と書かれているとおりです。
8:37しかし、これらすべての事柄において、わたしたちを愛してくださったを通して、わたしたちは1勝ち得て余りがあります。
8:38なぜなら、死も、命も、天使たちも、支配たちも、現在の事柄も、来たるべき事柄も、力も、
8:39高いものも、深いものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスにある1の愛から、わたしたちを引き離すことはできないと、わたしは確信するからです。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-ローマ人への手紙