オンライン聖書―回復訳─啓示録オンライン聖書―回復訳─啓示録

アウトライン


啓示録 第 八 章

<前の章 次の章>

h

第七の封印:七つのラッパがもたらされる――第五の封印における殉教した聖徒たちの祈りに対する答え――8:1-2
8:1小羊が第七の封印を開いた時、1天に半時間ほどの静けさがあった。
8:2そしてわたしは、の御前に立つ1七人の御使いを見たが、彼らに1七つのラッパが与えられた。

i

第七の封印が開かれた後の天の光景――大祭司としてのキリストが、聖徒たちの祈りを神にささげる――8:3-5
8:3また、1もう一人の御使いが来て、3金の香炉を持って2祭壇の所に立った。多くの4香がに与えられたが、それはすべての6聖徒の祈りと共に、御座の前にある7金の香壇の上に5ささげるためであった。
8:4その1香の煙は、聖徒たちの祈りと共に、その御使いの手からの御座に立ち上った。
8:5御使いは香炉を取り、それに1祭壇の火を満たして2地に投げた。すると、雷鳴と声といなずまと地震とがあった。

3

七つのラッパ――神のエコノミーの執行――8:6―11:19
8:6そして、七つのラッパを持った七人の御使いが、1ラッパを吹く用意をした。

a

第一のラッパ:地に対する裁き――8:7
8:7第一のラッパが鳴った。すると、血の混ざった雹と火があって、地に投げられた。そして1地の三分の一が焼かれ、木の三分の一が焼かれ、すべての青草が焼かれてしまった。

b

第二のラッパ:海に対する裁き――8:8-9
8:8第二の御使いがラッパを吹いた.すると、火で燃えている大きな山のようなものが、海へ投げ込まれた。そして、1海の三分の一が血となり、
8:9海の中にあって1命を持つ被造物の三分の一が死に、船の三分の一が壊された。

c

第三のラッパ:川に対する裁き――8:10-11
8:10第三の御使いがラッパを吹いた.すると、たいまつのように燃えている大きな星が、天から落ちてきて、川の三分の一と水の源の上に落ちた。
8:11その星の名は「1苦よもぎ」と呼ばれる。2水の三分の一は苦よもぎとなり、水が苦くなったので、3多くの人が死んだ。

d

第四のラッパ:太陽、月、星に対する裁き――8:12
8:121第四の御使いがラッパを吹いた.すると、2太陽の三分の一、月の三分の一、星の三分の一が打たれたので、それらの三分の一が暗くなって、昼の三分の一は現れず、夜も同じようになった。

e

第五のラッパ――第一の災い:人に対する裁き――サタンと反キリストが組んで人を苦しめる――8:13―9:11
8:13またわたしが見ていると、一羽のわしが中天を飛び、大声で言っているのを聞いた、1「災いだ、災いだ、災いだ、地に住む者たちは。三人の御使いが、残りのラッパを吹こうとしているからだ!」

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-啓示録