オンライン聖書―回復訳─啓示録オンライン聖書―回復訳─啓示録

アウトライン


啓示録 第 九 章

<前の章 次の章>
9:1第五の御使いがラッパを吹いた.すると、わたしは見た。一つの1星が天から地に落ちてきて、これに2アビスの穴のかぎが与えられた。
9:2彼がアビスの穴を開くと、煙がその穴から、大きな炉の煙のように立ち上った。そして太陽と空気は、その穴の煙によって暗くされた。
9:3その煙から、1いなごが地に出て来た。彼らには2力が与えられたが、それは地のさそりが持っているような2力であった。
9:4彼らは、地の草や、どんな青物や、どんな木にも害を加えてはならず、ただ1額にの印のない人々だけに、害を加えてもよいと言い渡された。
9:5しかし、人々を殺してはならず、ただ五か月、苦しめることが許された。その苦痛は、さそりが人を刺した時のような苦痛であった。
9:6それらの日に、人々は死を求めるが、決してそれを見いだすことはない。また彼らは死ぬことを願うが、死は彼らから逃げて行く。
9:71そのいなごの様は、戦闘の用意をした馬のようであり、頭には金の冠のようなものがあり、その顔は人の顔のようであった。
9:8彼らは女の髪のような髪をしており、歯は獅子ののようであった。
9:9彼らは鉄の胸当のような胸当をしており、その翼の音は、多くの馬の戦車が戦闘へ突入する音のようであった。
9:10彼らはさそりのような尾と針を持っており、その尾には五か月の間、人を傷つける力がある。
9:11彼らの上には一人の王、1アビスの使いがいる。その名はヘブル語では2アバドンであり、ギリシャ語では3アポルオンという名である。

f

第六のラッパ――第二の災い:人に対するさらに進んだ裁き――二億の騎兵が人類の三分の一を殺す――9:12-21
9:121第一の災いは過ぎ去った.見よ、この後に、まだ2二つの災いが来ようとしている。
9:13第六の御使いがラッパを吹いた.するとわたしは、の御前にある1金の祭壇の四つの角からの声を聞いた。
9:14それはラッパを持った第六の御使いに言った、「大いなる川ユフラテのほとりにつながれている四人の御使いを解き放せ」。
9:15すると、1その時刻、日、月、年のために用意されていた四人の御使いは、人々の2三分の一を殺すために解き放された。
9:16その1騎兵隊の数は二億であった。わたしはその数を聞いた。
9:17わたしが幻の中で見た馬と、それに乗っている者たちの様子はこうであった。騎兵は火と青玉と硫黄との胸当を着けており、馬の頭は獅子の頭のようであり、その口からは火と煙と硫黄とが出ていた。
9:18これら三つの災害によって、人類の三分の一は、彼らの口から出る火と煙と硫黄とによって殺された。
9:19馬の力はその口と尾にある。その尾は1蛇のようであり、頭があって、その頭で人に害を加えるのである。
9:20これらの災害で殺されなかった残りの人々は、彼らの手のわざを1悔い改めないで、悪鬼どもや、2見ることも聞くことも歩くこともできない、金、銀、銅、石、木の偶像を拝んだ。
9:21また彼らは人殺し、魔術、淫行、盗みを悔い改めなかった。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-啓示録