聖書セミナー2024年7月20日(土)開催
オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙オンライン聖書―回復訳─コリント人への第一の手紙

アウトライン


コリント人への第一の手紙 第 十一 章

<前の章 次の章>

3

使徒に倣う――11:1
11:11わたしがキリストに倣う者であるように、2わたしに倣う者となりなさい。

VIII

頭のおおいを取り扱う――11:2-16

A

宇宙における頭首権――2-3節
11:2しかし、あなたがたがすべての事でわたしを覚えていて、わたしがあなたがたに1伝えたとおりに、1伝えた事を堅く守っているので、あなたがたをほめます。
11:3あなたがたに知ってもらいたいのですが、1キリストはすべての男のかしらであり、2男は女のかしらであり、3キリストのかしらです。

B

頭のおおい――4-6節
11:4だれでも男が頭を覆って祈ったり、1預言したりするなら、自分の頭を2辱めることになります。
11:5しかし、だれでも女が1頭を覆わないで祈ったり、預言したりするなら、自分の頭を辱めることになります.なぜなら、それは2髪を剃られるのと同じ事だからです。
11:6もし女がおおいをしないなら、も切りなさい.もし、自分の髪を切ったり、剃ったりするのが、女にとって恥ずかしいことであるなら、1おおいをしなさい。

C

その理由――7-15節
11:7男は1のかたちと栄光ですから、自分の頭を覆うべきではありません.ところが、女は2男の栄光です。
11:8それは、男が女から出たのではなく、1女が男から出たからです.
11:9そして、男が女のために1創造されたのではなく、2女が男のために創造されたからです。
11:10こういうわけで、女は2天使たちのために、権威1服従するしるしを自分の頭に持つべきです。
11:11しかしながら、1にあっては、男なしには女はいないし、女なしには男もいません。
11:12なぜなら、女が1男から出るように、男も1女を通して出るからです.しかし、すべてのものはから出ているのです。
11:13このことを、あなたがた自身で判断しなさい.女がおおいをしないでに祈るのは、ふさわしいことでしょうか?
11:141自然そのものも、あなたがたに教えてはいないでしょうか? すなわち、もし男が長い髪をしているなら、それは彼にとって不名誉ですが、
11:15女が長い髪をしているなら、それは彼女にとって栄光です.なぜなら、その長い髪は、おおいとして彼女に与えられているからです。

D

異論はない――16節
11:16もしだれかに異論があるとしても、わたしたちには、1そのような習わしはありません.また、2諸召会にもありません。

IX

主の晩餐を取り扱う――11:17-34

A

無秩序を叱責する――17-22節
11:171しかし、わたしは2このことを命じるにあたって、あなたがたをほめるわけにはいきません.なぜなら、あなたがたの集まることが、益にならず、損失を招いているからです。
11:18何よりまず、あなたがたが1召会の中で集まる時、わたしはあなたがたの間に分裂があると聞いています.そして幾分かそれを信じています。
11:19あなたがたの間に2良しと認められた人たちが3明らかになるためには、あなたがたの間で1分派があることも避けられません。
11:20こういうわけで、あなたがたが同じ場所に集まっても、1の晩餐を食べることにはならないのです.
11:21というのは、あなたがたが食べる時、各自が自分の1晩餐を先に食べてしまい、ある者は飢えており、ある者は酔っているからです。
11:22あなたがたには食べ飲みする家がないのですか? それともあなたがたはの召会を軽んじて、持っていない人たちを辱めるのですか? わたしはあなたがたに何と言いましょうか? あなたがたをほめましょうか? この事では、あなたがたをほめるわけにはいきません。

B

定義を振り返ってみる――23-26節
11:23わたしはから受けたことを、あなたがたにも伝えました.すなわち、主イエス1裏切られたその夜、パンを取り、
11:24感謝をささげてから、それを1さいて言われました、「これは、あなたがたのために与えるわたしの体である.わたしの3記念2にこれを行ないなさい」。
11:25彼らが食事をした後、杯も同じようにして、言われました、「この1杯は、2わたしの血によって立てられた新しい契約である.わたしの記念に、それを3飲むたびに、これを行ないなさい」。
11:26ですから、あなたがたがこのパンを食べ、その杯を飲むたびに、2が来られるまで、の死を1告げ知らせるのです。

C

吟味し、わきまえる必要――27-29節
11:27こういうわけで、だれでも、1ふさわしくないままでのパンを食べ、の杯を飲む者は、の体と血に対して2罪を犯すのです。
11:28人は自分自身を1吟味して、それから、そのパンから食べ、その杯から飲みなさい。
11:29なぜなら、食べ飲みする者が、3その体を2わきまえないのであれば、自分自身に対する1裁きを、食べ飲みすることになるからです。

D

主の懲らしめ――30-34節
11:301このことのゆえに、あなたがたの間では多くの者が2弱く、病気であり、多数の者が3眠ったのです。
11:31ところが、わたしたちが1自分をわきまえていたなら、裁かれることはありません。
11:32わたしたちが1裁かれるのは、懲らしめられることであって、それは、わたしたちがこの世と共に、2罪に定められることがないためです。
11:33ですから、わたしの兄弟たちよ、あなたがたが食べるために集まる時には、1互いに待ち合わせなさい。
11:34もしだれかが飢えているなら、家で食べなさい.それは、あなたがたが集まってきて、裁かれることがないためです。1その他の事は、わたしが行った時に取り決めましょう。

<前の章 次の章>

オンライン聖書―回復訳-コリント人への第一の手紙